NU′EST ベクホ側、セクハラ疑惑にコメント発表「相手女性は知人…困惑するしかない状況だった」

写真拡大

NU'ESTのベクホ側が虚偽事実に対して公式コメントを明かした。

23日、ベクホの所属事務所Pledisエンターテインメントは、公式報道資料を通じて「現在、インターネット上で拡散されている書き込みはすべて事実無根です。事実無根の虚偽事実に関する書き込みが無分別に広がっている今、当社は以前明かしたように、該当する虚偽事実に対し、例外なく法的措置をとって強力に対応していきます」と明かした。

続いて「ベクホの潔白を立証すべく、完全に事実無根である虚偽事実を主張および最初に流布した問題の当事者について、責任を問う情報通信網利用促進および情報保護などに関する法律違反の罪で告訴状を提出、告訴を進行中です」とつけ加えた。

・NU'EST ベクホ、突然の「セクハラ疑惑」が浮上…事務所がコメント“悪質なデマに法的に対応する”

【公式コメント全文】

こんにちは。Pledisエンターテインメントです。

当社の所属アーティストであるNU'EST ベクホに関する虚偽事実に対して公式コメントをお伝えします。

まず、インターネット上で現在拡散されている書き込みの内容はすべて事実無根です。事実無根の虚偽事実に関する書き込みが無分別に広がっている今、当社は以前明かしたように、該当の虚偽事実に対して例外なく法的措置を取り、強力に対応していきます。そして、ベクホの潔白を立証すべく、完全に事実無根である虚偽事実を主張および最初に流布した問題の当事者に対して、責任を問う情報通信網の利用促進および情報保護などに関する法律違反の罪で告訴状を提出、告訴を進行中です。

また、当社は該当する虚偽事実に登場したアーティストの保護のために、前回のコメントで虚偽事実に関する具体的な内容には言及していませんでした。しかし、歪曲された情報が広まっているため、これを正そうと思います。

現在、虚偽事実を主張している側は、ベクホの知人(過去の地元の友達の妹) で、家族単位で知っている関係です。知人からカカオトークで連絡が来たのを見て返答したベクホに、相手はすぐにセクハラをされたという困惑するような主張をし、これを受けベクホがボイストークを要請しました。しかし、相手は通話できる状況ではないと拒絶、ベクホは会社に状況を知らせてきました。当社はベクホが多くの人々から関心を受けている立場であるだけに、一言の余波が大きいと考え、真相を把握する前までは連絡を控えるようにしました。そのため、その後問題の番号から来た連絡には直接応対しませんでした。

その後、ベクホは知らない番号からかかってきた電話に出ることになり、電話に出た後に知人であることを知り、困惑した状況で何かを話すことすら慎重になり、後で連絡するとだけ話し、通話を終えるしかありませんでした。相手が誰であっても困惑したであろう内容の発言を一方的に発する状況でベクホはより困惑するしかなく、そのため相手が話かけてきたことに答えをし、電話を終えました。それでも相手の連絡に応答しただけで一方的な主張だけが盛り込まれた映像とイメージが、まるで虚偽事実の根拠のように広がっています。

また、当社はこの虚偽事実に対するすべての違法事例について、例外なく法的措置を取り、責任を問うことを重ねてお伝えします。

ありがとうございます。