【期間限定】人気ドラマ『コウノドリ』の第1話がまるごと公開中だよ〜 / 10月から続編がスタートするのでチェックしときましょ♪

写真拡大


鈴ノ木ユウさんの漫画を原作とし、2015年10月からTBS系で連続ドラマ化されていた『コウノドリ』。その続編となる新シリーズが2017年10月より放送されることが決定しました!

真摯に命に向き合う産婦人科医の2年後が描かれるということで、主演の綾野剛さんをはじめ、星野源さん、松岡茉優さん、吉田羊さんといった主要キャストも続投することが発表されています。

産婦人科医・鴻鳥(こうのとり)サクラ先生とともに、私たちもふたたび、命が生まれるということの奇跡について見つめ直すこととなりそう!

【『コウノドリ』ってどんな話?】

出産に関する医療従事者と患者の人間ドラマをベースに、人と人との結びつきや夫婦・親子のあり方、命が誕生するまで、誕生したあとの葛藤や倫理などを描き出した『コウノドリ』。奇跡のヒューマン医療ドラマとして、毎回多くの視聴者の涙を誘いました。

物語の舞台となるペルソナ総合医療センターの産科医・鴻鳥サクラを綾野剛さんが、新米産科医の下屋加江を松岡茉優さんが、ベテラン助産師の小松留美子を吉田羊さんが、サクラのライバルともいえる同期の産科医・四宮春樹を星野源さんがそれぞれ見事な演技力で演じ切っていたのも印象的です。

【続編はどうなる?】

あれから2年後の設定となる続編。前回同様、原作のエピソードをベースにオリジナルに取材した題材を加え、「生まれてきたことの意味」「命を授かる奇跡」を丁寧に描いていくといいます。

前作よりもさらに成長しているであろう登場人物たちが、新たな命に触れることで生まれる葛藤や試練にどう立ち向かっていくのか……それも今回の大きな見どころとなりそうです。

【『コウノドリ』が教えてくれること】

私も前作は初回から最終回まで観ましたが、妊娠・出産経験のある私から見ても物語が本当にリアル。日本の医療は高度で、私たちは「赤ちゃんは無事に生まれるのが当たり前」とすら思ってしまいがちですが、けっしてそんなことはない。

これだけ医療が発達していても、赤ちゃんが100%無事に生まれる保証はない。だからこそ、新たな命が生まれることは奇跡だとドラマ『コウノドリ』を観て思い知らされました。

そうした「命の奇跡」について、リアルな母親世代だけでなく、これから子どもを持つかもしれない若い世代の人たちもドラマを通じて知ることができるのではないでしょうか。

【今なら前作第一話まるごと配信中!】

ドラマ『コウノドリ』は10月よりTBS系で金曜夜10時から放送予定。現在それに先駆けて、綾野剛さんのコメントともにTBS FREEで前作の第1話がまるごと公開されています。無料配信は2017年7月6日11時59分までなので、ぜひお見逃しなく〜!

参照元:TBSテレビ、TBS FREE
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

この記事の動画を見る