金浦空港に到着したITFのメンバーがWTFの子どもたちの歓迎を受けている=23日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部は23日、中部の茂朱で24日に開幕する世界テコンドー連盟(WTF)主催の世界テコンドー選手権大会に参加するため来韓した北朝鮮のテコンドー演武団に対し、演武団の航空運賃や宿泊費などの滞在費として南北協力基金から約7000万ウォン(約684万円)を支給したと発表した。

 北朝鮮住民の往来を支援することを目的に南北協力基金が使われたのは2年8カ月ぶり。韓国政府は2014年に仁川で開かれたアジア大会とアジアパラ競技大会に参加した北朝鮮選手団の滞在費として4億6000万ウォンを支給した。
 韓国当局は3月に北東部の江陵で開かれたアイスホッケー女子の世界選手権4部に相当するディビジョン2Aへの北朝鮮の参加についても承認したが、滞在費の支給は行われなかった。
 演武団はこの日、金浦空港に到着した。開会式などで4回の公演を披露した後、7月1日に出国する予定だ。
yugiri@yna.co.kr