口から摂取した食品が、胃まで運ばれる通路となる食道。この食道に炎症が起きるのが食道炎です。今では食道炎と言う場合、そのほとんどは「逆流性食道炎」であるそうです。胃液が逆流してしまう逆流性食道炎は若い世代にも増えており、主に過食が引き金となり起こりやすくなっています。

胃液が戻る逆流性食道炎とは

消化を助ける胃液は強い酸性ですが、胃は粘膜で守られているので、胃液により胃が荒れたりすることはありません。通常は胃液が逆流しないように、食道と胃の間は、下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)というに筋肉でふさがれています。しかし何らかの原因で筋肉が緩むと、胃液が食道の方へ逆流してしまうことがあります。胃液が逆流してしまうことは、誰でもたまにあることです。しかし逆流が頻繁に起こるようになると、胃液の強い酸で食道の粘膜が荒れたり、炎症を起こしてしまいます。これが逆流性食道炎です。

若い世代に増加中の逆流性食道炎

胃液の逆流を防いでいる下部食道括約筋は、年をとるにつれて緩みやすくなっていきます。そのため逆流性食道炎は高齢者に多いのですが、最近では高脂肪な食事をしがちな若い世代に増えてきているそうです。なぜなら高脂肪の食事は、消化のために多くの胃液を分泌させてしまい、さらには消化を助けるホルモンが分泌され、このホルモンが下部食道括約筋を緩ませるので、増えた胃液が逆上しやすくなるからです。それから若い世代に増えている肥満が逆流性食道炎の原因になることも。体の脂肪が胃を圧迫して、胃液を逆流させやすくするのです。

我慢しないで病院で早めの受診を

逆流性食道炎になると、胃液や消化中の食べ物がこみ上げてくる感覚、喉や食道あたりの違和感や焼け付くような痛みを感じるようになります。特に脂っこいものや刺激の強いもの、アルコールを摂ると、胃と食道の間の筋肉が緩みやすくなり、胃液の逆流が起こりやすくなります。普段の生活で逆流性食道炎を防ぐには、胃への圧迫や負担を避けるようにしましょう。肥満や便秘は胃を圧迫しやすく、またベルトやきついズボンによる圧迫も、逆流性食道炎を起こしやすくします。胃に負担をかけないようにするには、過食を避けて脂肪分の高い食品を摂りすぎないようにし、アルコールやタバコなどの刺激物にも注意しましょう。

逆流性食道炎症の兆候があっても、市販薬を飲んで様子を見るという人が多く、症状を長引かせていることもあります。病院で逆流性食道炎と診断されれば、薬の服用と生活習慣の改善により、比較的簡単に回復するそうなので、我慢をせずに早めに病院を受診しましょう。逆流性食道炎のチェックはこちらからもできます。


writer:Akina