朝の洗顔はしっかりさっぱりできたのに、お昼ごろには顔がテカテカ。携帯電話を使用した後は携帯がベタベタ。心当たりあるあなたは脂性肌(オイリースキン)であるかもしれません。脂性肌とは顔の皮脂が何らかの原因で過剰に分泌されてしまう状態のこと。脂性肌となるとあらゆる肌トラブルに悩まされるばかりか、顔がどうしてもテカテカになってしまうので見た目にも最悪です。でも日頃のちょっとした工夫で改善することは可能です。

肌に優しい洗顔料を使用する

男性の肌は女性と比較しても皮脂分泌量が多い傾向にあるため、脂性肌となりやすいのが特徴。過剰な皮脂はとことん洗い流す必要があると思われやすく、市販の男性用洗顔料はどれも洗浄力の高い製品ばかり。しかし強力な洗顔料で顔をゴシゴシする行為こそ、脂性肌を悪化させている原因となります。そもそも肌機能は必要最低限の皮脂と水分で成り立っているので、激しい洗顔でこれらを取り去ってしまうと、肌が乾燥から身を守るために過剰な皮脂を分泌してしまうのです。つまり脂性肌の人ほど優しい洗顔料でやさしく洗ってあげる必要があるというわけ。

洗顔後の保湿を徹底する

さきほど少し触れたように、肌機能は必要最低限の皮脂と水分によって成り立ちます。水分が不足すると過剰な皮脂分泌へと繋がり、脂性肌の原因となってしまいます。これを防ぐには肌への入念な保湿が必要です。どうしても洗顔後は水分が蒸発し不足しやすい状態ですから、洗顔後に化粧水や乳液・クリームでしっかりと保湿をする必要があるのは男性も同じなのです。化粧水は当然水分補給役として、更に肌の水分がこれ以上蒸発しないよう、乳液等でフタをする。これを毎日の洗顔後に行っておくだけで、脂性肌となるリスクを大きく低減させることができます。

過剰なストレスは溜めず、しっかり睡眠をとる

ちなみに日頃のスキンケアとは関係なしに、過剰なストレスや睡眠不足の蓄積で肌の皮脂が過剰分泌されてしまうことでも知られています。日頃のスキンケアは徹底した上で、乱れた生活習慣も正す必要があるということです。もちろん食生活面でも注意しましょう。特に動物性脂肪の多い食品や、糖分の多い食品、アルコール等は、過剰に摂取することで皮脂の過剰分泌を促してしまうといわれているので、食べすぎも控えておきたいところ。脂性肌に悩む男性のあなたは、まず日頃のスキンケア、生活習慣、食生活から見直してみてくださいね。


writer:サプリ編集部