中国にとって周辺諸国は平和的発展の重要な拠り所だ。習近平国家主席は「『一帯一路』イニシアティブの主要な協力パートナーは周辺諸国であり、主要な受益対象も周辺諸国だ」と指摘した。資料写真。

写真拡大

中国にとって周辺諸国は平和的発展の重要な拠り所だ。習近平国家主席は「『一帯一路』(the Belt and Road)イニシアティブの主要な協力パートナーは周辺諸国であり、主要な受益対象も周辺諸国だ」と指摘した。「一帯一路」建設の4年近くの実践は、われわれがその発言通りに行動していることを示している。(文:鄭石渓・国際問題研究員。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

「一帯一路」建設は周辺運命共同体構築の精神と相通じる。「一帯一路」国際協力サミットフォーラムで習主席が指摘したように、古代シルクロードは万里に亘り、千年続き、平和協力、開放的包摂、相互学習・参考、互恵・ウィンウィンを核心とするシルクロード精神を蓄積した。「一帯一路」建設を着実に推し進め、シルクロード精神を継承・発揚することは、運命共同体意識を周辺諸国に根付かせ、周辺運命共同体構築の尽きせぬ原動力となる。

「一帯一路」建設は周辺諸国発展の現実的ニーズに合致する。運命共同体はまず利益共同体であり、双方の発展戦略の連結を強化し、優れた生産能力の海外展開を後押しし、中国と周辺諸国を一層緊密に連結し、その発展・振興実現の助けとなる。パキスタンを例に取ると、現時点で建設中またはすでに完成した早期収穫事業の総投資額は185億ドルに上る。北京で「一帯一路」国際協力サミットフォーラムに参加したパキスタンのシャリフ首相は「『中パ経済回廊』は新たな経済成長源、新たな雇用機会に十分に貢献し、パキスタン国民の60%以上が『一帯一路』から利益を得ることになる」と指摘した。

「一帯一路」建設は周辺運命共同体の構築という長期目標に合致する。政策面の意思疎通では、われわれは周辺諸国との政策調整を積極的に推し進め、利益の共通点を追求し、積極的な呼応を得ている。施設連結面では、国境を跨ぐ通路の建設を積極的に推し進め、長期的な経済発展の基礎を固めている。すでに中国は73の陸路・水路通関地を通じて、周辺諸国と国際道路貨客輸送路356本を開通している。貿易の円滑面では、統計によると2016年に中国と「一帯一路」参加国の貿易総額は9535億9000万ドルに達し、中国の国際貿易額の25.7%を占めた。資金融通面では、2016年にアジアインフラ投資銀行(AIIB)は17億ドルの融資を認可。昨年末までに国家開発銀行の沿線国への累計融資額は1100億ドル、シルクロード基金の累計投資額は40億ドル余りに達し、周辺諸国が優先的対象となった。

「一帯一路」は周辺運命共同体の民心の通じ合いを後押しする。「関係が親しいかどうかの鍵は民心にある」。常に往き来して初めて、相互理解と一体感を強化できる。第18回党大会以来、中国指導者は周辺国との関係のたゆまぬ踏み込んだ発展を推し進めてきた。観光面では、ASEANを例に取ると、2016年の中国ASEAN間の人的往来は延べ3800万人に達し、2020年までに延べ3000万人との目標を前倒しして達成した。特に言及すべきは、中国、カザフスタン、キルギスが「シルクロード」の世界文化遺産登録を共同申請したことだ。世界遺産登録の国際共同申請は初であり、「われわれは分かつことのできない運命共同体である」との共通の歴史的記憶を新たなものにした。

グローバル化が急速に進行する今日、「一帯一路」は中国と周辺諸国を再び緊密に結びつけている。「千里の行も足下より始まる」。われわれは各国と共に、「一帯一路」を共に話し合い、共に建設し、共に分かち合い、周辺運命共同体を築き、各国の共同繁栄という新たな時代を切り開くことを望んでいる。(提供/人民網日本語版・編集NA)