取り壊された自宅のがれきの上で宿題をする子供(インターネット)

写真拡大

 両親の帰りを待ちつつ、がれきの上で宿題をする子供。中国の強制取り壊し現場にいた警官がとった写真が、波紋を広げている。

 警察署副署長は次のように書いた。

強制収用「それでも人間か?」女性や子供を問わず 
中国当局の住民集団暴力

 「住宅地で取り壊しがあったから、秩序維持のため出動命令を受けた。現場では取り壊された家屋のがれきが散乱していた。そこへ下校してきた小学生の男の子がやって来て、原型をとどめない自宅を見てぼう然と立っていた。廃墟をじっと眺め、離れることもできない。少年は宿題を思い出し、コンクリート片の上で宿題をしながら、お父さんとお母さんの帰りをじっと待っていた。目が潤んだ。どうしてこのような非道なことをしなければならないのか。署に戻ったら、退職届を書こう」。

 強制取り壊しは2000年以降、中国共産党官僚の主導のもと盛んに行われた。共産党幹部は囲い込んだ土地を建設会社に売ることで暴利をむさぼった。従わない世帯に対しては、警察や機動隊、地方の治安要員、時には暴力団をも投入して土地を強制的に取り上げ、その過程で数々の悲劇を生み出した。

 取り壊し隊に殴り殺される者もいれば、希望を失って自殺する者、抵抗する者、更には自暴自棄になり一家心中する者など、後が絶えない。

 このような状況が中国で頻発するのは偶然なのだろうか。共産党が統治する国家で同じような悲劇が繰り返されるのは偶然だろうか。

(翻訳編集・文亮)