『探偵はBARにいる3』に出演するリリー・フランキーと前田敦子 (C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

写真拡大

札幌・ススキノを舞台に、大泉洋と松田龍平の人気探偵コンビの活躍を描いた『探偵はBARにいる』シリーズ。その第3弾となる『探偵はBARにいる3』に、リリー・フランキーと前田敦子が出演していることが明らかになった。

大泉洋と尾野真千子の不仲ぶりを監督も証言、撮影の苦労語る/『探偵はBARにいる2 』

第3弾となる今回の依頼は、探偵(大泉)の相棒・高田(松田)が持ち込んだ人探し。失踪した女子大生について調べていくうちに、探偵たちはモデル事務所の美人オーナー・マリ(北川景子)に出会う。謎に包まれたマリに翻弄され、次第に2人は大きな事件に巻き込まれていくというストーリー。

リリー・フランキーが演じるのは、冷酷非道な裏社会の住人・北城(きたじょう)役。大泉演じる探偵の前に立ちはだかるシリーズ史上最狂の敵で、慈善活動にも積極的で、札幌経済界のホープ・北城グループの社長として知られているが、その裏の顔は札幌で一番下品なヤクザ・花岡組と関わりがある、恐喝、売春、密貿易までなんでもやる裏社会の住人。目的のためなら容赦をしない男で、異常なまでにサディスティック。自分の仕事の邪魔をしたものは、限界までいたぶり、制裁するような異常さで、本作では探偵たちを追い詰めていく。

前田が分するのは、売春組織に所属する失踪した女子大生・麗子(れいこ)役。北城の売春組織に所属している謎の女子大生で、探偵のもとに舞い込んできた人探しの依頼の対象人物。彼女の失踪をきっかけに探偵たちは、とんでもない事件に巻き込まれていく。

本作出演についてリリー・フランキーは「あの人気シリーズにまさか呼んでもらえるとは思ってもいなかったので、クランクイン前から大泉さんや龍平くんとご一緒できるのをすごく楽しみにしていました」とコメント。

「実は『探偵はBARにる2』の時、公式フォトブックのカメラマンをやらないかというお話をいただいたのですが、そのときはスケジュールが合わずできなかったんです。だからなおさら今回呼んでいただけてよかったです。北川さんの髪を掴むシーンがあったのですが、そこはさすがに全力ではいけないので、かわりに大泉さんへのビンタはガチンコで当てることに決めて撮影に挑みました。北城はこれまでの探偵シリーズの中でも特に悪い役なので、ヤバさやキモさがうまく出せてればいいですね」と述べている。

一方、前田は「1、2のどちらも映画館で見たこのシリーズのファンなので、現場がとても楽しみでした。撮影中も生の探偵と高田が目の前にいるので、初めて感じるような楽しさでした。お仕事ですけど自分へのご褒美のようでした」と以前からファンだったことを告白。

「大泉さんに『また共演できたらいいね』と以前言っていただいていたのですが、今回この作品への参加が決まり、『夢がかなったね』と言っていただけました! 麗子は一体何を考えているのかわからない、誰にも捕まえられない不思議な生き物みたいな女の子。演じていてとても楽しかったです。今作のなかで、いい意味で浮いた存在になれればいいなと思っています。3もキャストがすごく豪華で、今まで以上に個性が強いキャラクターが多いので、今から完成が楽しみです!」と話している。

『探偵はBARにいる3』は12月1日、映画の日に公開となる。