全治3か月の負傷が発表になったGKアン・ジュンス

写真拡大

[故障者情報]

 セレッソ大阪は23日、GKアン・ジュンスが検査の結果、右腓骨骨折と診断されたと発表した。全治は3か月。18日に行ったJ3第13節の長野戦で負傷。同22日に大阪府内の病院で手術を行った。

 同選手は16年からC大阪に在籍。先日まで韓国で開催されていたU-20W杯にはU-20韓国代表の一員として参加していた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ