川谷絵音の音楽活動が再び活発に ゲスの極み乙女。とDADARAYが備えた“時代性”を検証

写真拡大

 ゲスの極み乙女。(以下、ゲス乙女)の活動再開を契機に、川谷絵音周辺の動きが活発化しつつある。発売延期になっていたゲス乙女の3rdアルバム『達磨林檎』は5月10日に発売され、バンドは同日にZepp Tokyoで復活ライブを開催したが、その手前に休日課長は新プロジェクトDADARAYをスタート。4月から6月にかけて3か月連続でミニアルバムを発表し、7月には全国ツアーも開催する。

 また、川谷と課長はボカロPユニット・学生気分を結成し、『達磨林檎』収録の「小説家みたいなあなたになりたい」のVOCALOIDバージョンをニコニコ動画にアップ。一方、ちゃんMARIはiki orchestraのメンバーとして、Rei、日向秀和、中村達也と共に『ARABAKI ROCK FEST.17』に出演し、ほな・いこかは「さとうほなみ」名義での女優活動開始を発表と、多彩な動きを見せ始めている。

 おそらく、今後もゲス乙女のメンバーはそれぞれのキャラクターを生かし、活躍の場をさらに広げていきそうだが、ここでは『達磨林檎』とDADARAYの3枚のミニアルバムから、彼らの音楽的な現在地を確認しておきたい。

 『達磨林檎』は当初昨年11月に配信、12月にCDでのリリースが予定されていた作品で、近年のゲス乙女の特徴であるスタジオ内での即興的な曲作りをベースとし、前作『両成敗』同様に幅の広い13曲が収録されている。ただ、1曲目の「シアワセ林檎」に代表される、音数を絞ったある種のストレートさがアルバム全体の基調になっていて、中には「私以外私じゃないの」にも通じる単音フレーズが印象的な「勝手な青春劇」のような曲もあるものの、全体的にギターの割合は少なく、4つ打ちを基調とした踊れる作風だと言えよう。

 となると、改めて注目されるのがほな・いこかのドラム。常々Tower of Powerを影響源に挙げる彼女のプレイは、ロック的なダイナミズムと16分の細やかなハイハット使いを併せ持ったファンクビートが特徴で、課長のグル―ヴィーなベースと共に、バンドの屋台骨を担っている。一方、打ち込みを基調とした「いけないダンスダンスダンス」に代表されるように、SPD-SXを用いたプレイも要所で披露され、ちゃんMARIのクリアな音色のシンセも含め、クラブミュージックに対する視点も確かに感じられる。

 個人的なハイライトとしては、12曲目の「Dancer in the Dancer」を挙げよう。ゲス乙女の表の顔が“ダンス”であるとするなら、裏の顔である“メランコリー”が強く表出したこの曲は、歌詞やメロディの素晴らしさもさることながら、近年のジャズやヒップホップとの同時代性を感じさせるドライな音色のリズムが非常に印象的な仕上がり。ゲス乙女の作品のエンジニアを務めているのはtoeの美濃隆章で、ポストロック世代であると同時にネオソウル世代でもある彼は、Chara×韻シストの『I don’t know』やLUCKY TAPESの『Cigarette & Alcohol』も手掛けているように、こういった曲調との相性は抜群である。ゲス乙女はもともと「ジャズ」がひとつのキーワードになっていたが、国内外におけるブラックミュージックの隆盛を経て、日本でSuchmosがブレイクを果たした今年、その橋渡しとなったのが彼らの存在であったという見方もできるように思う。

 「大人な雰囲気を感じさせる上質なポップス」を軸とするDADARAYは、休日課長の他に、女性ボーカルのREIS、ゲス乙女やindigo la End(以下、インディゴ)でコーラスを担当するえつこの3人がメンバーだが、インディゴの長田カーティスと佐藤栄太郎、えつこと共にゲス乙女やインディゴのコーラスを担当するささみおがサポートを務め、楽曲は川谷が手掛けているため、「川谷プロデュースの女性ボーカルユニット」と言った方がしっくりくる。となれば、「上質なポップス」でありつつ、やはりアレンジはかなりエッジが効いていて、「変態的なプログレポップス」の顔も持ち合わせている。

 こちらもドラマーに注目をしてみると、佐藤もほな・いこか同様に、オルタナ感のある獰猛なプレイと、16分のシャープなプレイを併せ持つタイプで、川谷の好みが伺えるというもの。そして、インディゴが「ギターロック」としての側面を持っているのに対し、DADARAYは基本「ポップス」ということもあり、特に強調されるのは後者の側面。佐藤はもともとMISTAKESのメンバーとしてR&Bやヒップホップ的な楽曲をプレイしていたため、「ダダイズム」(1stミニアルバム『DADAISM』収録)における今様のヒップホップに通じる訛ったリズムはある意味では真骨頂だ。

 また、「Breeze in me」(2ndミニアルバム『DADAMAN』収録)で聴くことのできるドライな質感のドラムは、前述の「Dancer in the Dancer」に通じるもので、こちらもやはり美濃の仕事。toeの柏倉隆史はハードコア〜ポストロックの文脈では早くからカリスマだったが、木村カエラのバンドへの参加によって、その存在が広く知れ渡ったように、佐藤の存在もまた今後より注目されるだろう。

 もちろん、クールでありながら、どこか儚さを感じさせるREISのボーカルもこのバンドの大きな魅力で、先鋭的な音楽性でありながら、ドラマの主題歌やCMソングとして大ヒットしそうなポテンシャルも感じさせるのは、彼女の存在によるところが大きい。「女性ボーカルを軸としたバンド編成で、音楽的にはジャズやR&B、ヒップホップ、ロックなどの折衷」というDADARAYのあり方は、「Hiatus Kaiyote以降のジャパニーズポップス」として、CICADAやTAMTAMなどの注目株と並べることも可能であり、ゲス乙女同様に、確かな時代性を備えていると言えよう。

 7月にはインディゴがニューアルバム『Crying End Roll』を発表し、8月からはゲス乙女の全国ツアーがスタートと、夏から活動はさらに加速していく。彼らの存在がこの国の音楽シーンに必要であることを、きっと再認識することになるはずだ。(文=金子厚武)