北朝鮮・平壌での裁判に臨む、米大学生のオットー・ワームビア氏。国営朝鮮中央通信(KCNA)提供(2016年3月16日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)北朝鮮は23日、昏睡(こんすい)状態で釈放した後に死亡した米国人学生オットー・ワームビア(Otto Warmbier)氏について、同氏に対する拷問や虐待を否定した。

 北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は民族和解協議会の報道官の話を引用しながら、「われわれの関係機関はすべての犯罪人を国内法および国際基準に十分従った形で処遇している」と伝えた。

 さらにKCNAは北朝鮮外務省の報道官の発言を引用する形で、米国がワームビア氏の死をめぐって北朝鮮に「中傷キャンペーン」を行っていると非難した上、「米国で企てられている中傷キャンペーンは、われわれを敵への人道主義や慈悲はご法度だとの断固たる決意に至らしめた。われわれは法律という刃をさらに研いでいく所存だ」と伝えた。

 またKCNAは同報道官の発言として「われわれがワームビア氏をどれほど人道的な条件下で処遇したか全く知りもしない者たちが、厚かましくも『虐待』や『拷問』という言葉を口にしている」と報じた。

 帰国から一週間足らずの22日、ワームビア氏の遺体は米オハイオ(Ohio)州で埋葬された。
【翻訳編集】AFPBB News