会場の様子(写真は過去開催)

写真拡大

メジャーリーグベースボールが、アジア・南米・ヨーロッパなど世界中で展開しているベースボールテーマパーク「MLB ROADSHOW 2017」が、横浜赤レンガ倉庫にて7月1日(土)・2日(日)の2日間開催される。

【写真を見る】MLBの貴重なアイテムが多数展示

MLBの魅力が体感できる同イベント。「リアル」をテーマにした2017年は、来場者にMLBの世界観を伝え、本物の凄さや迫力を体験してもらうことを目指して、様々な新アトラクションや体験コンテンツを用意している。MLBプレイヤーが実際に使用している用具やサインボールなどの貴重なグッズを間近に見れて写真撮影が出来るだけでなく、直接触れることも出来る体験型ミュージアムやMLBプレイヤーのスチールのスピードを体感できるアトラクション、実際のボールパークに来たような臨場感が味わえる最新のVR体験などの新コンテンツを楽しむことも出来る。

また、日米通算112勝・139セーブを記録した元メジャーリーガー斎藤隆氏も2日間来場し、トークショーやファンとのコミュニケーションを行い会場を盛り上げる。そのほか、会場内にはMLBプレイヤーの等身大カットアウトや、MLBのTV番組をイメージしたスタジオセット、MLBバッターマンロゴの巨大モニュメント、フォトスポットなど撮影コーナーを数多く設置。会場の様子を撮影し、SNSへアップなどをするとMLBグッズやサインボールなどの豪華賞品が当たる抽選会に参加が出来る企画も実施する。

2017年は初開催の横浜を皮切りに、9月に東京、10月に大阪でそれぞれ開催予定。MLBファンのみならず、家族みんなで1日中楽しめる野球づくしのイベントだ。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】