イ・ビョンホン、3年ぶりにSNSを再開「ファンの皆さんと近くでコミュニケーションするきっかけになれば」

写真拡大

イ・ビョンホンがSNSでファンに挨拶した。

イ・ビョンホンは22日、Weibo公式アカウント(中国版Twitter) に書き込みを掲載した。

イ・ビョンホンは「こんにちは、イ・ビョンホンです。Weiboを3年ぶりに再び始めることになりました」と知らせた。

続いてイ・ビョンホンは「ファンの皆さんと近くでコミュニケーションするきっかけになればと思います。多くの声援、お願いします」と挨拶した。

このWeiboは本人認証が完了されたアカウントで、2014年6月に作られた。投稿は22日に掲載された書き込みと写真が唯一だ。イ・ビョンホンがこれからWeiboを通してファンとどのようにコミュニケーションしていくか、注目が集まる。

イ・ビョンホンはチェ・ソンヒョン監督が演出を手がける映画「それだけが私の世界」の撮影真っ最中で、ハリウッド映画「ラディアンス」の出演オファーを受け、出演を検討している。