女優シム・ウナ、22日に退院…夫がコメント発表「睡眠薬の過剰摂取は事実ではない」

写真拡大

入院治療を受けていた女優シム・ウナが退院した。夫である正しい政党の池尚(チ・サンウク) 議員はこれを知らせ、妻が睡眠薬の過剰摂取したという報道は事実ではないと強調した。

池尚┻聴は22日午後、発表した公式コメントを通じて「私の妻は多くの方々が心配してくださったおかげで本日の午後、退院しました」とシム・ウナの退院の事実を伝えた。シム・ウナはこの日の午後、入院していたソウル江南(カンナム) のある総合病院から退院し、帰宅した。シム・ウナは20日からこの病院で治療を受けてきた。

池尚┻聴は「30年前、命を失ってもおかしくないほどの事故に遭い、心的外傷後ストレス障害(PTSD) のある私の妻は最近、自身の健康状態を認知し、治療薬を飲む中、薬が効かずに任意で容量を超過して服用、入院することとなりました」と説明した。

続いて「これを巡って睡眠薬を過剰摂取したなど、インターネット上の憶測と事実ではない記事が飛びかっています。これから事実ではないデマに対する推測は、自制をお願いします」とつけ加えた。

【公式コメント全文】

こんにちは。池尚┐任后

まず20日、個人的な事情で突然、代表選候補から辞退することになり、私を支持し、応援してくださった党員と国民の皆様に心からお詫びいたします。

また私のせいで正しい政党の党代表選挙に支障が出たのではないか、心配になります。

私の妻は心配してくださったおかげで本日の午後、退院しました。

30年前、命を失ってもおかしくないほどの事故に遭い、心的外傷後ストレス障害(PTSD) のある僕の妻は最近、自身の健康状態を認知し、治療薬を飲む中、薬が効かずに任意で容量を超過して服用、入院することとなりました。

これを巡って睡眠薬を過剰摂取したなど、インターネット上の憶測と事実ではない記事が飛びかっています。

これから事実と確認できていないことの推測は、自制をお願いします。

申し訳ございません。

そして感謝いたします。

国家議員 池尚