23日、中国メディアの環球網は日本メディアの報道を引用し、日本国産初のステルス機が試験飛行中に緊急着陸したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年6月23日、中国メディアの環球網は日本メディアの報道を引用し、日本国産初のステルス機が試験飛行中に緊急着陸したと伝えた。

6月20日正午ごろ、日本初となる日本で最終組み立てを行ったステルス戦闘機F−35Aが、試験飛行中に県営名古屋空港へ緊急着陸した。離陸から約30分後に、トラブルを知らせる警報装置が作動したためだという。

この緊急着陸で滑走路は約10分閉鎖されたが、けが人などはなく、民間機の運航にも影響はなかった。

このニュースに対し、中国のネットユーザーから「墜落しなかっただけでもたいしたもの」「ボールペンのボールを作れる匠の国なのに…他人が書いた設計図通りに組み立てて問題が出るなんて信じられないね」などのコメントが多かった。また、「日本で失敗が多いと安心感がある」というコメントも少なくなかった。

他にも、「組立説明書通りにちゃんと作れないということが証明された」「説明書を買わなかったのかな」などのコメントもあり、いずれにしても思わぬ緊急着陸に多くのネットユーザーが驚いたようである。(翻訳・編集/山中)