「モジュール型ATM」

沖電気工業株式会社(OKI)は23日、ATMの設置が困難だった場所でもATMを利用可能にできるATM(現金自動預払機)の新商品「モジュール型ATM」を発表した。価格はオープンで、10月から出荷を開始する。

 

本製品は、同社の紙幣還流型ATMに機動力を持たせた活用をはかるため開発された、一般車両に搭載できるモジュール型ATM。

従来のATMを3つのモジュール(基本部、通帳部、紙幣部)に分割し、無線対応可能にして一般車両に搭載できる機動力を実現している。

 

機能は、通常のATM取引(入出金/振込/通帳記帳・繰越/残高照会など)に対応し、商用バンで運搬できるので、細い路地や駐車スペースでATMを利用可能にできる。

 

利用シーンとしては、金融機関店舗やATM空白地となっているエリアや老人ホームなどの高齢者向け住宅などへの巡回訪問、イベント会場でのポップアップATM、災害時の臨時ATM、などを想定しており、コンビニATMではできない通帳の記帳や繰越し対応も大きなメリットになっている。

 

発表資料

URL:http://www.oki.com/jp/press/2017/06/z17017.html

2017/06/23


▷こちらもおすすめ

「ビジュアルサーチ」で欲しい素材がピンポイントで見つかる! 仕事効率が高まるメリット満載のAdobe Stock

 

ソシオメディア UX戦略フォーラム 2017 Spring 「エクスペリエンスリーダーの現在」

 

いま格安スマホを使っているのは「年収が高い人」と「情報感度が高い人」