米首都ワシントンの連邦議会議事堂を歩く上院共和党トップのミッチ・マコネル院内総務(2017年6月22日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米上院共和党執行部は22日、医療保険制度改革(通称オバマケア、Obamacare)の代替法案の草案を公表した。しかし、共和党内の保守派の議員4人がこれに反対し、代替法案は早くも危機に陥っている。

 民主党・バラク・オバマ(Barack Obama)前大統領の看板政策として導入されたオバマケアの撤回は、共和党の目標であり、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領も公約として掲げてきた。

 下院で可決された代替法案が施行された場合、米議会予算局(CBO)によると被保険者が2300万人減少する。上院共和党は法案をより穏健な内容に修正しようとしている。

 上院共和党トップのミッチ・マコネル(Mitch McConnell)院内総務は、一部の議員や側近と共に策定した草案を密室会議で共和党議員らに提示した。

 しかしテッド・クルーズ(Ted Cruz)氏、マイク・リー(Mike Lee)氏、ロン・ジョンソン(Ron Johnson)氏、ランド・ポール(Rand Paul)氏の4議員が即座に反対した他、さらに2人が大きな懸念を表明した。上院(定数100)で共和党が占める議席は52議席で、2人が造反すれば法案は可決できない。

 今回発表された142ページの草案では、産前産後ケアや病院サービスなど現行法で定められている福祉サービスの一部停止を各州に認めようとしている。また国民に対する医療保険への加入義務も含まれていない。
【翻訳編集】AFPBB News