22日、韓国の最高学府であるソウル大が開発した自動運転車「スヌバー(SNUver)」が、韓国で初めてとなる一般道での走行試験を行った。写真はソウル・汝矣島。

写真拡大

2017年6月22日、韓国・ニューシスなどによると、韓国の最高学府であるソウル大が開発した自動運転車「スヌバー(SNUver)」が、韓国で初めてとなる一般道での走行試験を行った。

ソウル大知能型自動車IT研究センターは同日、国会議事堂などがあるソウル汝矣島(ヨイド)地域での路上走行試験を行うことを明らかにした。スヌバーの初代モデルは2015年11月に公開、以降、都心を走る自動運転車の実現に向け開発が進められてきたが、これまでは法規制のため大学キャンパス内での走行テストにとどまっていた。

しかし国土交通部が昨年11月、韓国国内の大部分の一般道路について「自動走行施行令」を公布、対象の道路で自動運転車の走行が認められたことから、研究チームは路上走行試験に向けた準備を半年かけて行ってきた。スヌバーはこれまでキャンパス内で2万キロ以上を無事故で走行した実績を持ち、研究センターのソ・スンウ教授も「高層ビル間の大通り、路地、トンネル、工事区間など、多様な都心の道路環境走行に必要な能力を確保できるようになる」と路上試験への意欲を語っている。

研究チームは今年末まで汝矣島周辺で路上走行試験を続け、スヌバーの性能をさらに安定させていく方針。11月には一般の人を対象とした試乗イベントも行う予定だ。

韓国のネットユーザーもこのニュースに興味津々のようだが、彼らが真っ先に見つけてしまったのが、汝矣島の路上で撮られた走行試験中のスヌバーの「残念ポイント」。記事に寄せられたコメントで最も多くの共感を集めたのが「センターラインを踏んで走ってるんですけど」というもので、写真を見ると確かにスヌバーの片側タイヤが道路の中央の白線を踏んでいる。以下「ライン踏んでるけど、これは駄目でしょ」との指摘や、他の写真を見たとみられるユーザーからは「他の車と並んで停止線を越えて止まってる」「停止線からはみ出すなんて、本当に人が運転してるみたいだな」など別の残念な指摘も。

また、「韓国は割り込み世界一の国だから自動運転は厳しいよ」「韓国では無理。バスの車線変更がハンパないからね」といった意見や、「少し前に米国で事故があったよね?まだ完璧な技術でないなら走行試験は控えた方が…」「楽にはなるだろうけど、万が一誤作動とかで事故が起こらないとも限らない」と安全性への不安を訴える声も目立つ。

一方で、こうした否定的な声にうんざりしたのか「やっても文句、やらなくても文句。これだからレベルの低い政治家なんかに犬や豚と言われるんだよ」「今は投資が十分でないからこの分野で韓国が遅れているだけ。応援すべきだ」と前向きな意見もあった。(翻訳・編集/吉金)