タツノコプロのヒーローが集う「Infini-T Force」 (C)タツノコプロ/Infini-T Force 製作委員会

写真拡大

 老舗アニメーション制作会社・タツノコプロが誇るヒーローたちが一堂に会するテレビアニメ「Infini-T Force(インフィニティフォース)」が、7月1〜4日(現地時間)に米ロサンゼルスで開催される北米最大のアニメコンベンション「アニメエキスポ2017」内でワールドプレミアを、仏パリで7月6〜9日(現地時間)に開催される日本文化の総合博覧会「ジャパンエキスポ2017」内でヨーロッパプレミアを行うことが決定した。

 同作は「タイムボカン」シリーズや「ハクション大魔王」などでも知られる、タツノコプロの創設55周年を記念して制作されるクロスオーバー作品。「科学忍者隊ガッチャマン」「新造人間キャシャーン」「宇宙の騎士テッカマン」「破裏拳ポリマー」といった、タツノコプロを代表する人気作品に登場するヒーロー(タツノコ・レジェンズ)たちが結集し、ともに悪に立ち向かう姿を描く。

 なお、北米開催の「アニメエキスポ2017」には、今作の監督を務める鈴木清崇と、ガッチャマン(G‐1号)こと鷲尾健役を演じる関智一が登壇予定。鈴木監督は「日本のみなさまには、もう少しお待たせさせてしまう形にはなりますが、このような機会に本作を北米の方々にお届けできることを大変嬉しく思っています。タツノコプロのヒーローが、そしてついにベールを脱ぐストーリーとドラマが、どのように受け止められるか、ワクワクとドキドキを感じております! 」と期待を語り、関は「久しぶりのロサンゼルス。また、みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。プライムリブステーキ食べたいです(笑)」とおどけてみせている。

 そのほか、同作に登場するメインキャラクターのデザインも公開された。ガッチャマン(G-1号)をはじめ、サポートメカ・ペガスを用いてテッカマンにテックセット(変身)する南城ニ、破裏拳流の憲法を駆使して戦うヒーロー・ポリマーに転身(変身)する鎧武士、人間の肉体を捨てて新造人間となったキャシャーンこと東哲也ら、おなじみのタツノコヒーローたちが、より現代的な趣きにリデザインされている。

 「Infini-T Force」は10月から、日本テレビほかで放送開始。