23日、乳がんを患って闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんが亡くなったとの報道に、中国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2017年6月23日、乳がんを患って闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんが亡くなったとの報道に、中国のネットユーザーがコメントを寄せている。

中国・新浪娯楽は日本メディアの報道を引用し、歌舞伎俳優、市川海老蔵さんとの間に二人の子どもを持つ麻央さんが22日に34歳の若さで死去したことを伝えた。麻央さんがキャスターを務めたニュース番組で海老蔵さんと出会ったことや、ブログにつづった闘病生活が大きな反響を呼んでいたことも報じている。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)には日本で報道が出た直後から麻央さんに関する書き込みが見られ、あるネットユーザーは悲しみを示すとともに乳がんへの関心が高まったことを指摘。他にも「若すぎる」「素晴らしい家族に恵まれて、笑顔がとても素敵だったのに…」「最後まで笑顔と前向きな姿を見せてくれた。とても強い女性」という声や、「こんな形で麻央さんを知ることになったのが残念」「今月初めに日本に行った時にテレビで麻央さんのニュースを見た。自宅で治療中だったのでは…」「本当に心のきれいな美しい人。こんなに長い時間、病魔と闘って辛かったと思う。どうぞ安らかに」などの声が聞かれた。また、中国でも乳がんは深刻な状況にあり、「毎年の検査は大切」「女性はより注意を」と呼び掛けるネットユーザーもいた。(翻訳・編集/野谷)