写真はこちらMONDO GROSSO

大沢伸一のプロジェクト、MONDO GROSSOが14年ぶりのアルバム『何度でも新しく生まれる』を6月7日にリリースした。本作ではMONDO GROSSO初の試みとして全曲日本語歌詞に取り組んでいる。


ゲストには、bird、UA、満島ひかり、齋藤飛鳥(乃木坂46)、やくしまるえつこ、YUKA(moumoon)などのヴォーカリスト、谷中 敦(東京スカパラダイスオーケストラ)、宮沢和史(元 THE BOOM)、Tica・αなどの作詞家を迎え、先鋭的なポップミュージックの再構築に成功している。


まさに、2017年を代表するアルバムとなることは間違いないだろう。自由度の高い制作スタイル、芳醇なサウンドによる深みある音の調べ。今後の音楽シーンの羅針盤となるべき傑作の誕生だ。


INTERVIEW & TEXT BY ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)



背中を押される感じで動き出したのが一昨年の暮れでした


──MONDO GROSSOとして6枚目となるアルバム『何度でも新しく生まれる』は、耳が喜ぶ音作りへの情熱を感じています。なぜ、14年ぶりにMONDO GROSSO を復活させたのでしょうか?


大沢伸一 明確な理由はないんですよ。ちょっと延ばし延ばしにしていたらこうなっただけで、絶対にやらないでおこうと思っていたわけではないんです。きっかけがあったらやろうとは思っていたんですけどね。意外とこれぐらい空いちゃったな、という感じで。


ちょっと空けば空くほど、触りにくくなるじゃないですか? 今年は違うかな、今年も違うなとやっているうちに、14年経ったというのが正直なところです。他にもたくさん様々なプロジェクトをやってましたから。


それこそ、エイベックスに移籍してMONDO GROSSOを1回もやっていないっていうのがあって、スタッフ(制作ディレクター、マネージャー)のチームワークの中から“やっぱりやりたいですね”と、声が出てきて。僕が背中を押される感じで動き出したのが一昨年の暮れでした。


──アルバム構想における取っかかりは?


大沢 完成したイメージにたどりつくまで何ヵ月もかかりました。従来のMONDO GROSSOが持っていた洋楽性というか、いや、洋楽・邦楽とかあんまり関係ないですけど、最初は海外のシンガーをフィーチャーした作品を想定していたんです。


なのですが、デモでイメージが浮かんでこなくて。そうこうしているうちに「ラビリンス」のメロディが生まれてきて、それを形作ろうとしたときに日本語が面白いなと気がついて。いっそのことなら、前例のない試みで、全曲日本語にしてみようかなと。


すごく勇気のいることなんですけど、時間をかけてもいいから向き合って、日本語の音楽として良い作品を作ってみようと決めたんです。


──女優として活躍する満島ひかりさんがボーカルを担当する「ラビリンス」の作詞は、東京スカパラダイスオーケストラの谷中 敦さんですね。触発された言葉があったのでしょうか?


大沢 谷中さんに歌詞を頼む前から日本語にしようと決めていました。 「ミニマルで切なくて美しい日本語」「繰り返しの特性」 のようなキーワードだけ投げたと思います。歌詞があがって来るのが、なかなか遅かったですが(笑)。


ダンスミュージックとしての解釈もしてくれたのか、“ダンス” というワードが入ってたり、8小節のメロディの繰り返しというこの曲を表したような “ラビリンス” というテーマなど、受け取った歌詞は素晴らしくてうれしかったですね。



世に出す時って恐いんですよ。大丈夫かなみたいな


──MONDO GROSSO復活直前に、パンキッシュで硬質なニューウェーヴバンド、AMPSをやられていたじゃないですか? 大沢さんって、ものすごく精神的にパンクな人だと思うんです。


そんななか、MONDO GROSSOではまったく違うアプローチとなりました。最新作『何度でも新しく生まれる』の制作にあたって、事前に決意というかコンセプチュアルにプロジェクトを考えられていたんじゃないですか?


大沢 実験とか冒険が大好きなんですよ。あと、コンセプトに沿って物作りをするのも好きですね。決めてしまえば逃げれないんですよ。条件や足枷っていうとネガティブに聞こえますけど、制限があったほうが、達成に向かって努力しやすいんです。


もちろん、出来上がっていくごとに不安は増していきますけどね。もう「ラビリンス」なんて、発表するくらいの時には聴きたくもなくなっていて。世に出す時って恐いんですよ。大丈夫かなみたいな。


──たまにSNSでの投稿で表面に表れていますよね。


大沢 はい(苦笑)。ずっと混乱しているんで、頭も心も。


──今、こうやってアルバムが完成されていかがですか?


大沢 まだ冷静じゃないですね。作り終わったところなので、あんまり聴いてないんです。聴くたびに聴こえ方が変わっていて。できるだけギリギリまで直していたいんですよ。


でも、もう3日ぐらい前に終わっちゃたんで。もう直せませんよってところまできたので。そうするとしばらくは聴きたくないんです。直したいところが出てきてももう直せないので。


──元々「ラビリンス」がリード曲となるのは想定されていたのですか?


大沢 考えていなかったですね。完成した順番かな。他の曲がそれに値しないとは僕らチームも思っていなくて。逆に言うと、アルバムとしてまとまっているのが奇跡なくらい、作り散らかしていましたね。


コンセプチュアルというものを取り払うというコンセプト


──海外の様々な音楽シーンに詳しい大沢さんですが、本作のサウンド感において、何かインスパイアされた曲、ジャンル、ビートなどはありましたか?   


大沢 特にないんです。それが今回は特殊というか。割と毎回サウンドフォーマット的に、四つ打ち限定とかやるじゃないですか? 2ステップにしてみたりとか。今回は、日本語縛りくらいじゃないですかね、コンセプチュアルに考えていたこととしては。


──元々、大沢さんってコンセプトを考えるのがお好きな方ですよね?


大沢 そうですね。そういった意味では今回は、コンセプチュアルというものを取り払うというコンセプトだったかもしれませんね。


──なるほど。


大沢 ははは、皮肉な言い方してるなぁ(苦笑)。


耳に音として空間で聴こえている時に気持ちが良かったら正解なんです


──この14年の期間の間で、制作スタイルに変化はありましたか?


大沢 テクニカルな面でいうと、MONDO GROSSOでは、14年前ぐらいはまだサンプラーやドラムマシンをメインに使って作っていたと思うんです。


そこからDTM、デスクトップミュージックっていう言い方もおかしいんですけど、それに変わったっていうのがいちばん大きいですね。


──アプローチの方法がより自由になったということでしょうか?


大沢 そうですね。ランダムというか、アブストラクトなものから作るようになったかな。慣れてくると、何をやってもまとまっていっちゃうんですよ。


だとすると、それに遠いとこから始めて旅をした方が、より豊かな作品が育まれるっていう理屈で。ものすごいむちゃくちゃなことからスタートしていくんですよ。


──とっかかりの入り口を広くされたということですね。


大沢 昔は恐くてできなかったんですよ。このコード進行だったらこうとか、方法論で考えていたんです。でも今は、コード進行がどうとか、メロディがどうとか、それに対するカウンターがどうとかじゃなくて、音楽って目に見えなくて掴むこともできない一瞬で意味がなくなるものでしょ?


だとしたら、耳に音として空間で聴こえている時に気持ちが良かったら正解なんです。自分でいちばん体現できる方法ってなんだろうなって考えた時に、アブストラクトな作り方がいちばんピンときたっていう。


生まれ変わるのは作品だけじゃなくて気持ちとか考え方とか、アプローチの方法とか


──アルバム『何度でも新しく生まれる』は、2017年を代表するアルバムになることは間違いないと思います。かなりの大作となりましたが、今回のクリエイティブ作業を通じて、いろんな可能性を見つけられたのでは?


大沢 そうですね。14年間自分のソロがあって、いろんなことをやっていたつもりですけど、やっぱりMONDO GROSSOにきちんと向き合うと新たな発見がたくさんありましたね。これは終わったなって思っていた素材からたくさんのヒントを見つけたり、そんな発見ばかりでした。


──“何度でも新しく生まれる”ってことですね。


大沢 そうですね。手法やアプローチの仕方とか、例えば技術などを会得していても、結局は、アルバムタイトルの通りなんですよ。新しく作らないとダメというか。


例えにならないかもしれないんですけど、うちの母親は80歳を超えているんですよ。で、この間父の七回忌に家に帰った時に、僕は普段は朝ごはん食べないんですけど、実家に帰ると食べるのが親孝行みたいな感じがあるでしょ。


朝ごはん食べるのしんどいなって思いながら、うちの母親がね、バターをスティック的に持ってパンに塗ってたんですよ。普通はバターナイフで塗るでしょ? どうしたのって聞いたら、これが一番効率いいって言うんですよ。冗談とかでもなく、進化してるなって思ってしまったんですよ。


──日常生活でも、研ぎ澄ますことで新しい発見はたくさんあるわけですね。


大沢 伝統芸能でも、ずっとやり続けていくことで、発見があって、新しい技術を取り入れることってあると思うんですよ。そういうのと一緒だって思ってしまって。生まれ変わるのは作品だけじゃなくて気持ちとか考え方とか、アプローチの方法とか、そんな意識の持ち方って大事だなって学びましたね。そんなこだわりが音のよさや、メロディ、歌詞、リズムの構築に表れていると思いますよ。


後編に続く[2017.06.24.12:00 公開]




リリース情報


2017.06.07 ON SALE

ALBUM『何度でも新しく生まれる』

cutting edge