記事画像

写真拡大

チーズ専門店が増えるなど最近ホットな視線が注がれている食材、チーズ。合わせて楽しむドリンクといえば、ワインやビールを想像しますよね。

では、ミルクティーは? 乳製品同士で相性が良いような気もしますが、一緒に飲むシーンはあまりないのではないでしょうか。ところが、キリンビバレッジによると、イギリスをはじめとする海外ではポピュラーな食べ合わせなのだとか。

チーズ好きも知らなかった未知のコンビネーション

同社が2017年5月、20〜40代の男女600人に「ミルクティーと合わせてよく食べるもの」を聞いたところ、

1位 菓子パン
2位 ケーキ類
3位 クッキーなどの甘いお菓子

という結果になりました。やはり甘い食べ物が上位に選ばれますよね。塩っ気の強いチーズ料理はランク圏外です。

実は、調査に参加した男女は全員チーズが大好き。日常的にチーズを口にしているはずですが、ミルクティーと合わせて食べたことがある人は25.2%でした。およそ4人に3人は未体験ということですから、それだけ日本では意外な組み合わせなのですね。

しかし海外では、紅茶とチーズの組み合わせは特別ではありません。ヨーロッパのチーズ専門店では、チーズの値札に相性の良い紅茶の種類が書かれているところもあるそうです。イギリスのアフタヌーンティーではチェダーチーズのサンドイッチが定番。紅茶の国、インドやスリランカでは、英国風のミルクティーにはチーズとクラッカーを一緒に出すのがお決まりなんですって。

お気に入りのチーズを買ってきた日には、いつものビールやワインではなく、ミルクティーをゴクリ。ちょっと試してみませんか?