BLACKPINK「今回の新曲を通じて、私たちの中に隠れている可愛い魅力を思う存分アピールした」

写真拡大

BLACKPINKが新曲に対して自信を示した。

BLACKPINKは22日午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通じてカムバックライブ放送を行った。

この日、ジスは「今回の新曲『最後のように』は最後ではないが、最後であるように愛してほしいという気持ちを盛り込んだ曲だ。私が初めてこの曲を聴いた時、楽しくて変なダンスを踊った」と話した。

続いてジェニーは「夏にすべての方々がこの曲に合わせてダンスを踊ることができるだろう。私たちの中に隠れている爽やかで可愛い魅力を思う存分アピールした。楽しい経験だった」と付け加えた。

BLACKPINKはこの日の午後、新曲「最後のように」をリリースした。「最後のように」はBLACKPINKが発表した曲の中で、1番速くて楽しい曲で、デビュー曲「口笛」から一緒に作業してきたプロデューサーTEDDYが今回も参加した。