もうワイヤレスは常識? オーディオテクニカがBluetoothイヤホンとヘッドホン計5機種を発売

写真拡大

 音響機器のオーディオテクニカ(東京都町田市)は、BluetoothのワイヤレスイヤホンATH-CKR75BT(市場価格1万5,000円前後・税別、写真左)/ATH-CKR55BT(同1万円前後)/ATH-CKR35BT(同6,000円前後)と、ワイヤレスヘッドフホンシステムATH-DWL770(市場価格2万7,000円前後・税別 写真右)/ATH-DW550(市場価格2万円前後・税別)を、6月23日から発売する。

 ワイヤレスイヤホン3機種は、耳に差し込むように装着して遮音性を高めたインナーイヤー型で音楽/動画の再生操作や通話ができるマイク付きコントローラーを装備、またより高品位、高音質なBluetooth接続となるaptXとAACコーデック(CKR35BTはAACのみ)に対応していて、仕様やカラーがそれぞれ異なっている。CKR75BTは大口径11.8mmドライバーにアルミのボディー、ブラック、グレー(ガンメタリック)、ゴールド、レッドの4色を用意、CKR55BTはドライバー径10.7mm、カラーはブラック、ゴールド、レッド、ブルーの4色となる。CKR35BTは、ドライバー径9.8mmで不要共振を抑える真鍮スタビライザーも装備する。より小型で、小さな耳の人にもぴったりと使えるのが特徴。カラーは、ブラック、ブルー、ゴールド、シルバー、ピンク、レッドの6色から選べる。

 ワイヤレスヘッドホン2機種ATH-DWL770/DWL550は、オーディオ機器やテレビの音声をトランスミッター(送信機)につないでデジタル(2.4GHz帯)で送り、ヘッドホンで受信するワイヤレス方式を採用。音質への影響を抑えたクリアで高品位なサウンドが楽しめる。ヘッドホンは増やせるので、ペアでも聴ける。上位機ATH-DWL770では、さらにBluetoothにも対応。こちらではスマホなどの音楽コンテンツを、いい音で楽しめる(aptX/AACコーデック対応)。なお有線接続も可能だ。ヘッドホン本体の重さは、DWL770は262g、DWL550は257g。