(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

写真拡大 (全3枚)

1979年4月に放送開始、以来現在にいたるまで“国民的テレビアニメ”としてますます大人気の『ドラえもん』が、この夏さらなるパワーアップを果たす。

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

7月28日(金)の『あの名作が帰ってくる!ドラえもん夏の1時間スペシャル』を筆頭に、有名原作のエピソードを続々放送。第1弾は、ファンの間でも名作と語り継がれているストーリー『ぞうとおじさん』と、やんちゃで可愛いミニドラの活躍を描く、『ぼくミニドラえもん』だ。

『ぞうとおじさん』では、戦争中に殺されてしまったという動物園のゾウ“ハナ夫”を助けるためタイムマシンに乗り込んだドラえもんとのび太。ふたりは、ハナ夫を救うことができるのか…!? 平和の尊さについて、あらためて考えさせられる作品だ。

そして『ぼくミニドラえもん』では、のび太の宿題の手伝いよりも自分の予定を優先したドラえもんが自分の代わりに“ミニドラえもん”を託すが、小さいのでなかなか上手くいかず、様々な騒動が巻き起こってしまう…!

その後は、『天井うらの宇宙戦争』『ロビンソンクルーソーセット』『森は生きている』『おかし牧場』など、人気原作エピソードを続々ラインナップしていく予定だ。

 

◆新監督&新チーフディレクターが『ドラえもん』のさらなる魅力を引き出す!

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

さて、そんな7月28日(金)放送の『あの名作が帰ってくる!ドラえもん夏の1時間スペシャル』から、ドラえもんがパワーアップ!

2016年公開の『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』、2014年公開の『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜』で監督を務めた八鍬新之介氏が監督に就任する。

さらに、2015年公開の『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記』で監督を務めた大杉宜弘氏がチーフディレクターとして参加。『ドラえもん』の世界観を十二分に理解し、さらなる魅力を引き出す布陣で制作に臨んでいく。大きな刷新としては、背景が水彩調からポスターカラー調へ変更し、より濃厚な描写となる予定だ。

八鍬監督は、「原作のコマとコマの間に埋もれているものを掘り出そうという気持ちで作っています。見たことのない『ドラえもん』になっているはずなので、ぜひご覧ください!」と意気込みをコメント。

また大杉チーフディレクターは、「テレビシリーズとしてのクオリティーがアップしていくよう、丁寧に作っています。新たなチャレンジがたくさんありつつ懐かしさも感じられる…そんな『ドラえもん』になっています」と抱負を語った。