記事画像

写真拡大

食べごたえのあるメニューが安価で提供される「居酒屋ランチ」。その中でも「コスパ最高」とじわじわ注目を集めているのが「博多満月」のランチです。

「博多満月」といえば、「とりもも46円」「ビール199円」などの激安メニューで人気を集める居酒屋チェーン。そのお得感は以前、東京バーゲンマニアでも紹介しましたが()実はこちらでは、食べ放題ランチがなんとワンコイン500円とのこと。これだけ聞くとコスパはかなり良さそうですが、どんな内容なのか、実際にランチを食べてきた記者がレポートをお届けします。

「うどん」「カレー」などが食べ放題に

12時45分ごろ、都内の某店舗に到着。すでに多くのお客さんで賑わっていました。見渡してみると、学生やビジネスマンなど男性が多い印象で、女性は3割ほど。

席に置いてあるメニューには「サイドメニュー食べ放題ランチ500円」「メインメニュー1品注文でサイドメニューが食べ放題」と書かれています。メインメニューは「満月からあげ(油淋鶏ソース)」「チキンカツレツ」「サバの塩焼き」「若鶏の立田揚げ(みぞれポン酢がけ)」「鯵と鶏唐揚げ」の5つで、食べ放題のサイドメニューはご飯、味噌汁、うどん、カレー、総菜、おしんこ。

さっそくメインの中から好きなものを1つオーダー。料金は先払いでメインを注文する際に払います。記者は「満月からあげ」を選びましたが、チキンカツレツは人気のようですでに売り切れでした。人気メニューからどんどんなくなっていくようなので、早めに行った方が良さそう。

メインはテーブルまで運んできてくれますが、食べ放題のサイドメニューやお冷はセルフサービス。こちらは、おかわり自由なので好きなだけ食べられます。カウンターに並んでいるサイドメニューを見ると、総菜は豆つきもやしのナムルとマカロニサラダ、うどんはきしめんのような麺で、味噌汁の具はワカメのみ。豪華とは言えませんが、500円で食べ放題なら納得です。

メインだけでもボリューム満点

ご飯、味噌汁、マカロニサラダ、うどんを取ってテーブルに戻ると、オーダーした「満月からあげ」が置かれていました。

からあげは5個のっていてボリューム満点。食欲をそそる油淋鶏ソースの香りが漂い、ひと口食べてみると、味がしっかりとついていて、衣もカリっと仕上がっています。これは美味しい! ついついご飯が進みます。メインがしっかりしているのは嬉しい限りです。

サイドメニューは、欲を言えば、うどんの麺にもう少しコシが欲しいところでしたが、それでも500円食べ放題のクオリティとしては十分。箸休めにぴったりのマカロニサラダも、単調になりがちなランチにバリエーションを持たせてくれました。

女性ならご飯とからあげだけでお腹いっぱいになるボリュームですが、さらにうどん、カレー、惣菜まで食べ放題で500円ならお得といえます。質より量を取りたい人にはかなりおすすめです。それを証明するように、記者が滞在した1時間弱の間、お店にはひっきりなしにお客さんが入ってきて「コスパは最強だよね」と話している声も聞こえてきました。

安くてお腹がいっぱいになるランチを探している人は、是非行ってみて。

詳細は公式サイトへ。