続編の全米公開まであと1年! (C)Chuck Zlotnick / Universal Pictures
and Amblin Entertainment

写真拡大

 2015年の世界的大ヒット作「ジュラシック・ワールド」の続編タイトルが、「Jurassic World: Fallen Kingdom(原題)」に決定した。

 2018年6月22日の全米公開まであと1年というタイミングで、映画の公式SNSでポスタービジュアルが公開された。シリーズの原点「ジュラシック・パーク」から引き継がれている恐竜の化石のロゴの奥に火の粉が飛び散り、「Life finds a way」(生命は必ず道を見つける)という名ゼリフが添えられている。

 前作に引き続き、クリス・プラットとブライス・ダラス・ハワードが続投し、「ジュラシック・パーク」と続編「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク」にイアン・マルカム博士で出演したジェフ・ゴールドブラムがカムバック。その他、B・D・ウォン、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジャスティス・スミス、ジェームズ・クロムウェルらが共演する。

 前作のコリン・トレボロウ監督に代わりメガホンをとったフアン・アントニオ・バヨナ監督(「インポッシブル」「怪物はささやく」)は3月、同作の初公開写真として、博物館で恐竜の骨格標本の前にたたずむ少女の写真を自身のTwitterに投稿していた。脚本は、前作に引き続きトレボロウとデレク・コノリーが執筆している。