最悪は仕事を辞めるケースも!?社内恋愛をしてはいけない5つの理由

写真拡大

社内恋愛に憧れる女性は多いと思いますが、しかし良い事ばかりではありません。
選択肢を誤ると、あなたの立場が悪くなり仕事にも支障が出てしまうのです。

今回は社内恋愛のデメリットを5つ紹介します。
理想と現実は大きくかけ離れていることをお伝えしましょう。

(1)別れてから気まずい

『別れてからほんと気まずいです。常に視界に入るので立ち直ろうにも立ち直れない』(31歳/広告)

同じ会社に恋人がいるなんて、付き合っている間は幸せで楽しい日々でしょう。
しかし別れた後も元恋人と働かなければいけない状況には、気まずさしかありません。

平和な別れ方だったとしても、お互い気になってしょうがないでしょう。
険悪な別れ方だった場合は、最悪仕事を辞めたいとさえ思う ようになるのです。

(2)周囲に詮索されるのがウザい

『何で付き合ったの?とかどこへデート行ったの?とかどうして別れたの?とかどうだっていいだろ!芸能記者に囲まれる芸能人の気持ちが分かりました』(28歳/営業)

社内恋愛に制限のない会社だと、付き合っている事を公表するカップルもいます。
そうなると下世話な人は、恋人と一緒にいるだけですぐ詮索してくるようになります。

最も詮索がひどいのは別れた時です。
「どうして別れたの?」なんて聞かれたくないなら社内恋愛は避けた方が無難でしょう。

(3)常に恋人が視界に入ってウザい

『同じフロアに恋人がいるとどうにも集中できないんです……』(26歳/人材)

同じ会社に恋人がいると、嫌でも相手の姿が視界に入ってきてしまいます。
何もない時ならいいですが、喧嘩した後なんかは相手を煩わしく思ってしまうでしょう。

仕事でもプライベートでも恋人と一緒というのは、想像よりストレスが溜まるものです。
特に嫉妬心の強い人だと、恋人と同僚が仕事の話をしているだけでも嫌 になります。
自分の私情を抑えられない人は、社内恋愛をするとトラブルを招いてしまいます。

(4)噂話のネタにされる

『本当にストレスでした。そのせいで別れたくなりましたもん』(31歳/IT)

どこの職場にも必ず1人はいる噂好きな人に、噂話のネタにされかねません。
そういった人は口がうまく、無責任にあることないことを吹聴するのが好きなのです。

同僚達の噂話しのネタになんかなりたくない、笑われたくないなら社内恋愛は禁物です。
恥ずかしがり屋、人と関わる事が苦手な人には大きなストレスになってしまうでしょう。

(5)同僚がライバルだと厄介

『仲睦まじい社内恋愛がバカな同僚が絡んだことで一変。職場が修羅場になりましたよ』(34歳/PRプランナー)

社内恋愛をしている恋人の事を、あなたの同僚も好いていればかなり厄介です。
同僚が大人しく身を引いてくれたらいいですが、中には恋人を奪う人もいます。

そういった同僚に目をつけられてしまうと、職場は一気に泥沼化するでしょう。

楽しそうな社内恋愛、しかしその裏側には人間同士のドロドロした感情が隠れています。
社内恋愛にはかなりのリスクが付きまとい、メリットよりデメリットが大きいのです。

職場で好きな人ができた時、そのリスクやデメリットについて考えて行動しましょう。

(文/恋愛jp編集部)