テスターバーでは常時200種類のコスメを試すことができる

写真拡大

このところ、新規出店が相次ぐ銀座エリア。そこに6月23日、「銀座ロフト」が登場します。銀座ロフトの大きな特徴はイベントに参加したり、商品を試したりと、訪れた人が積極的に関われること。

【写真38枚】ロフトで販売されている魅力的な商品を写真でじっくり見る

今までのロフトと同じように、たくさんの雑貨を見たり、買ったりする楽しさに、新たな魅力が加わりました。今回はフロアごとに、女子が注目したいポイントやショップなどを紹介します。

発売前のコスメも試せるテスターバー、ロフトオリジナルコスメも登場!

3F ボディー&ビューティー

このフロアにはスキンケア商品やコスメ、ヘルスケア商品といった美容に関するアイテムに加え、旬の情報を発信する「ロフトマーケット」があります。

コスメコーナーには、実際に商品を試すことができるテスター専用カウンター「テスターバー」が登場。

すでに販売中のものから新製品まで200種類がチェックできるので、実際に試してみて、本当に求めているものを見つけられます。

また、直接顔につけなくても、使ってみたときの様子が分かる「ロフトメイクアップシュミレーター」も設置。

チークやアイシャドウ、口紅など、今までと違うイメージのメイクにトライしたいときには、こちらが役立ちそうです。

そして今回、銀座ロフトでデビューを果たすのが、プライベートブランドの「LOFCOS(ロフコス)」。

ファンデーションやチークといったベースメイク用品が5アイテム、マスカラなどのアイメイクは6アイテムを展開します。

ネイルカラーは「きんもくせい」(イエロー)、「うぐいす」(カーキ)、「あまぐも」(グレー)など、和の名前がついており、色は12色。

「トレンドメイクをストレスフリーで楽しむ」というテーマのもと、ナチュラルな素材を使いながら、流行のカラーが取り入れられるようになっています。

LOFCOSは価格もリーズナブル。ベースメイクが2,052円〜3,240円、アイメイクが1,026円〜1,404円、ネイルカラーが1,296円(いずれも税込)と、お財布にやさしいのもうれしいところです。

なお、銀座ロフトは男性向けコスメも充実。パッケージがおしゃれなものもあり、プレゼントを探すときにチェックしてみましょう。

キッチンが楽しくなる雑貨と猿田彦珈琲のオリジナルブレンドに感動

4F ホームソリューション

「リラックス」がテーマのこのフロアでは、食器、キッチン雑貨などの家庭用品やインテリアを扱っています。

例えば、人気作家6名が手掛けた豆皿は、食卓が華やかになりそうなものばかり。形や色、デザインが豊富で、いろいろ揃えてみたくなりますね。

また、インスタグラムで人気の管理栄養士・菱沼美央さんがプロデュースした、和食にも洋食にも合う器「パンとごはんと…」はシンプルさが魅力的。

食の専門家ならではの、料理が生きる形や色合いが、食事の時間をより楽しくしてくれそうです。

調理器具などのキッチン雑貨を扱うコーナー「ジーニアスキッチン」は、「他人に教えたくないレストラン」として話題の「Salmon & Trout」のシェフ・森枝幹さんがおすすめの品々をレシピとともに紹介。

オープニングイベントとして、森枝さんからオリジナルレシピとそれに合った調理器具を教えてもらえる機会も予定されており、フード提供もあるとのこと。人気店のシェフの技を支えるアイテムをチェックできるチャンスです。

これから夏に向けての季節商品としては、懐かしいかき氷器やアイスクリームメーカーも。

最近はかき氷もアイスクリームもこだわりの店が多く出ていますが、今年は自分が食べたいものを自宅で作る、というのも楽しいかもしれません。

こういうキッチン雑貨があるだけで、暑い夏でもちょっと気持ちが上がりそうな気がしませんか?

そして、7月13日までの期間限定ショップとして「猿田彦珈琲 POP UP SHOP」が出店。

猿田彦珈琲のバリスタ・大塚朝之さんが銀座ロフトのために考案した、「オリジナルブレンド〜時の器〜」の限定販売や、大塚さんおすすめのコーヒー雑貨、猿田彦珈琲のオリジナル商品も扱っています。

実際にコーヒーを飲むこともできるので、広い店内をめぐる途中で立ち寄ってみてはいかがでしょう。メニューには「時の器」もあります。

鉛筆、レトロ文具、ノート…アナログ文具を見直すフロア

5F ワーク&スタディ

たくさんの文房具に圧倒されそうになる「ワーク&スタディ」。

世界各地の鉛筆約5,000本がずらりと並ぶ「ペンシルバー」は、学生時代を思い出し、もう一度鉛筆を手にしてみようという気にさせられるはず。

マスキングテープもペンシルバーに負けず劣らず、壮観なディスプレイです。

色や模様がバラエティに富んでいて、同じ模様で色違いのものを…とか、いろいろな種類を混ぜて…など、ついつい手が伸びてしまいます。

銀座ロフトでは、日本のレトロな文房具にも注目。

それが「小文具古文具」のコーナーです。誰もが使ったことのある文房具を小さくしたものや、子どものころに欲しかったアイテムが並ぶ様子には、思わず歓声を上げてしまうかも。

アンティークを含め、さまざまなハンドメイドアイテムを集めた「ヴィンテージDECO」も女子がくぎ付けになりそう。

レトロなお人形や手芸用品など、その時代ならではのデザインが、憧れのまなざしで見つめていた幼いころの気持ちを思い出させてくれるでしょう。

もちろん、手帳やノートも幅広く販売しており、その中にはSNSで話題の「円周率ノート」もあります。

罫線が円周率になっているこのノートはロフト全店で販売しますが、銀座ロフトでは314冊を314円(税別)で先行発売。

発売元のキングジムでいったんボツになった商品ですが、314円で買えるのは銀座ロフトだけです。

旅とアートが訪れる人を新たな場所にエスコート

6F ネクストクリエーション トラベル/モバイルツール

ポップなキャラクターと日本の伝統を融合したり、カジュアルなアートを提案したりするなど新たに開発された商品や、トラベルグッズなどを展開するフロア。ここではさまざまなワークショップも行われます。

「グラフィックス」のコーナーは、クールジャパンの代名詞でもあるアニメにフォーカス。複製原画・原稿やセル画、関連雑貨などを販売しており、ファンには垂涎もの。

銀座という場所柄、徐々に外国人観光客の姿も見られるようになるかもしれません。

アート系ショップとしては、MoMAのミュージアムショップ「MoMA Design Store」もありますが、カジュアルに楽しめるグッズも置いています。

NHK Eテレで放送中の、世界の美術を歌とアニメで紹介する『びじゅチューン!』のショップは、番組を知らない人でも楽しめる独特のイラストがクセになるグッズでいっぱい。

クリエイターのアートバザーイベント「POPBOX」にも楽しい商品が並んでいるので、こうしたところからアートに親しむのもよさそうです。

トラベルコーナーでは、世界一周を経験した学生たちが設立した情報企画会社「TABIPPO」とコラボ。

「誰も知らないハワイを探しに」をテーマに、写真の展示や書籍・ポストカードなどの販売をしています。普通の旅行では得られない、ディープなハワイを知るならココです!

要チェック! オープニングイベントも続々開催!

なお、銀座ロフトでは、オープニング企画として、各界のスペシャリストが集まった「チームロフト」のメンバーを中心としたイベントも随時開催。

森枝シェフの調理器具の紹介の他、人気モデル・田中里奈さんがアドバイスしてくれる、おススメコスメを詰め合わせた「コスメギフトBOX」製作や、猿田彦珈琲のバリスタ・大塚朝之さんによるコーヒーサーブ、また、プラントハンター・西畠清順さんとインドネシアのデザイナーによる植物とプロジェクションマッピングの組み合わせ「原始森林の雨」の展示などを予定しています。

ここで紹介した以外にも、たくさんの見どころがあり、魅力的な商品が数多く並ぶ「銀座ロフト」。百聞は一見に如かず。ぜひ、自分の目で確かめに行ってみてください!

【店舗概要】
住所:東京都中央区銀座2-4-6 ベルビア館3-6F
電話番号:03-5562-7252
営業時間:11:00〜21:00
アクセス:東京メトロ銀座駅C8、C9番出口より徒歩3分 東京メトロ銀座一丁目駅5番出口より徒歩1分 JR有楽町駅中央口から徒歩4分