火事のときには大きなホースを抱え、水を放出する消防士たち。彼らは火災がないときは何をしているのでしょうか。

「お花に水をやる消防士たちを見かけた」と、海外掲示板で話題になっていました。

 

This morning I saw firefighters watering flowers.


ん?

[画像を見る]
ほのぼの!

確かに彼らほど、水を効率的に放出する専門家もいませんが……。

ある意味で、消火活動の次に適任者なのかもしれません。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●これはキュートだね。

↑古い知識になるかもしれないが、自分は昔、消防士をしていた。
消防車は水が完全にいっぱいか、空っぽでないと運転してはいけないことになっていた。おそらく彼らは火を消したあとで、残りを役立つ方法で捨てているのだと思う。

●きっと保存しておけない結構な量な水が残っていて、無駄にしたくなかったんじゃないかな。

↑消防車のタンクに捨てないといけない水があったのだと思うね。どうせなら花に水でもやるかといった感じで。

↑実際のところ……その通り。ときどき水を空っぽにするんだ。水は貯めたままにしておくとトラブルが起こりやすい。放出するときにひどいことになる。
過去に貯水が原因でレジオネラ症になったケースが多数報告されている。

↑そんなことは考えもしなかった。

↑レジオネラ症になった人だってそうだよ。

●水の供給エンジニアから興味深い情報を1つ。
そういうことは飲料水でも起こりうる。古い建物にはパイプが1つしかなく、そうなると一番上の水は正しい循環をしないことになる。するといろいろなものが浮き始める。そして緊急時にこれが空になると最悪だ。

↑かなりの恐怖だ。

●消防士のパンツがとてもスイート。

●これはオーストリアの写真だね。

●これはドイツでは珍しいことではない。少なくとも自分が住んでいる町ではね。ふさわしい設備を持っている理由から、市が消防局に支払ってやってもらっている。


自治体によっては、消防局に頼んで公共事業として散水しているとのことです。

【「今朝、消防士たちがお花に水をやっていた…」ほのぼのする光景】を全て見る