【詳細】他の写真はこちら

薄くてスゴイヤツの登場です。

アップルの「MacBook」シリーズに搭載されたポインティングデバイス「トラックパッド」の使い勝手はかなりのものですが、そんなトラックパッドに貼り付けるだけでテンキー機能を追加できてしまう魔法のようなシート『Nums』が登場しました。電卓機能がトラックパッド上で使えるようになるだけでなくだけでなく、ジェスチャーによるショートカットなどの便利機能も備えた本製品。現在はクラウドファンディングサイトのKickstarterにて開発資金を募集しています。

極薄シートだから気にならない





このシートの薄さはわずか0.26mm。トラックパッドの使用感を損なうことはありませんし、保護プロテクターとしての役目も果たします。

アプリ連携が便利そう!





この『Nums』を貼り付けたトラックパッド上で、右上から中央に向けてスワイプすればテンキーモードがスタートしますし、左上から中央にスワイプすれば自動的に電卓アプリが立ち上がり、即座に計算を始められます。アプリのランチャーを起動させるジェスチャーも用意されており、テンキー上でパターンを描くことで、好きなアプリが起動できるんだそうです。アプリの登録はドラッグ・アンド・ドロップ操作で簡単に行えるとのこと。

今後が楽しみなプロダクト





現時点(2017年6月23日時点)で『Nums』のプロジェクトはまだ資金調達目標の金額に達していませんが、32ドル(約3500円:MacBook、13インチMacBook Air対応)から38ドル(約4200円:13インチMacBook Pro対応)、45ドル(約5000円:15インチMacBook Pro対応)の出資枠が用意されています。資金調達に成功すれば、製品は2017年7月に出荷される予定。

今のところ『Nums』はMacBookシリーズのみの対応となっていますが、今後の対応Windows PCなどへの対応にも期待したいですね。



文/塚本直樹

関連サイト



『Nums』プロジェクトページ(英語)