TAV GALLERY 企画展「Faketopia」

2017年6月23日(金)から7月7日(日)まで、TAV GALLERYにて、企画展「Faketopia」が開催される。映像芸術を専門とする若手キュレーター中井澪氏のTAV GALLERY初のキュレーション企画で、NY在住の前衛的な映像作家5名を紹介。虚構と曖昧さを持つ映像作品集の真価に迫る。休廊日は水曜および木曜で、時間は13:00〜20:00。6月24日(土)の19:00〜20:00には、「辺境のフォークロア」の著者である映像作家の金子遊氏と、本展に参加している作家のJoel Schlemowitz氏を招き、トークイベント「ニューヨークの映像の現在」も開催される(入場料1000円)。デジタル素材やインターネットなどを駆使して表現されることが多い今日の映像作品は、リアリティを追求する一方で、自由な加工により“まるで本当であるように見せてしまう”曖昧な世界でもある。本展のタイトルである「Faketopia」は、そのような拡張されるイメージによって新たに創造される世界を示唆したもの。それが果たしてユートピアか、あるいはディストピアかを探る企画だ。参加している映像作家は、Bradley Eros氏、Elektra KB氏、Jason Akira Somma氏、Joel Schlemowitz氏、M.M.Serra氏の5名。映像作品のほとんどが、日本初の公開となった。本展のメインビジュアルも担当するElektra KB氏は、“水は私たちを象徴する物理的かつ象徴的な鏡”というコンセプトをもとに、2017年の「Spring/Break Art show」で展開したインスタレーションを再現する。■期間:
2017年6月23日(金)〜7月7日(日)

■開催場所:
TAV GALLERY
東京都杉並区阿佐谷北1-31-2

■問い合わせ先:
TAV GALLERY
tel. 03-3330-6881
url. http://tavgallery.com/
▷こちらもおすすめ

バッテリー膨張に見舞われたApple Watch交換顛末記

 

「ビジュアルサーチ」で欲しい素材がピンポイントで見つかる!仕事効率が高まるメリット満載のAdobe Stock

 

ゼロからはじめるHTML5でのサイト制作