シャリース

写真拡大

大人気の青春ミュージカル『Glee/グリー』シーズン2で、リー・ミッシェル演じるレイチェルのライバルとして登場したフィリピンからの交換留学生、サンシャイン・コラゾン役でその美声を披露したシャリース・ペンペンコ。フィリピン出身の人気歌手の彼女が、フルネームを男性名のジェイク・ザイラスに改名したことが明らかになった。米Hollywood Reporterなどが報じている。

3年前ジェイク(当時シャリース)は、オプラ・ウィンフリーがホストを務める人気トーク番組に出演。「男性になるつもりはないけど、私の魂は男性です」と発言し、同性愛者であることもカミングアウトしていた。また「体を変える、性転換をするようなことは考えていません。でも、ルックスは変えると思います。髪を短くしたり、男性の洋服を着たり。でも、それだけかな」とも答えていた。

フィリピン出身のジェイクはその美声を生かし、歌唱コンテストに多数出場。ホイットニー・ヒューストンや、セリーヌ・ディオンの名曲をカバーしYouTubeで瞬く間に有名に。それがきっかけとなり、『Glee』にもゲストスターとして出演した。また、2010年には、自身のアルバム「シャリース」で世界デビュー。ビルボード200アルバムチャートの8位に入るというアジア人のソロシンガーとしては史上初の快挙を成し遂げている。

そんな中、6月19日(月)に改名後初めてのツイートを投稿。「ジェイクとして最初の投稿だよ。皆の愛にあふれたコメントに圧倒されてる。とても幸せだ。やっとね。皆、愛してる。またね」更に続けて、「誰にもこの瞬間を邪魔させない。誰にも私の幸せを壊させない。僕に素敵なコメントを送ってくれてありがとう。ずっと感謝している。お互い愛し合おう。皆大好きだよ。本当に大好き」とファンに向けてのメッセージを投稿。名前も変えて再出発のジェイク。これからのさらなる活躍を期待したい。(海外ドラマNAVI)