【漬けておくだけ!】乾麺のうどんが「3分」で茹でられる方法が便利♪

写真拡大 (全10枚)

スーパーでは冷凍うどんに中華麺をはじめ、様々な種類の「麺」が売られていますが、長期間ストックしておける「乾麺」は、買い置きしておくといざというときに便利ですよね。

そうめんや蕎麦など比較的ゆで時間の短い麺もありますが、ゆで時間が10分をこえるものだと「ちょっと長いな」「面倒だな」「ガス代がかかりそう」と敬遠してしまうこともあるのではないでしょうか?

そこで、ご紹介したいのが「乾麺のゆで時間」を短縮できる、こちらのレシピ!


乾麺の”うどん”を3分で茹でる方法♪

by カンプール

旦那の実家が乾麺を作ってます。
簡単です♪2時間水に漬けておくだけ〜
おまけに”つるっつる♪もっちもち〜””^^

以前、ニュースでも紹介した「水漬けパスタ」同様、あらかじめ水に漬けておくことで、ゆで時間を短縮することができるんです。



【試作検証】テレビでも話題の「水漬けパスタ」は本当に美味しいのか!?

先日クックパッドニュースで取り上げた水漬けパスタのニュース。テレビ番組で取り上げられて話題になりました。水漬けパスタというけ...

つくれぽ(みんなの作りましたフォトレポートのこと)でも「乾麺は茹でるの面倒だけど3分で茹で上がるコレなら◎」「普通に茹でるよりモチモチで感動☆」と、みなさんに大好評のレシピですが、本当にうまくできるの?というわけで、実際に試してみましたよ。

編集部でも試してみた!


水漬けしたうどんと、普通に茹でたうどんを食べ比べ、味の違いを比較してみました!

※ゆで時間13分の同じ麺を使用

乾麺を2時間、水に漬けます



2時間後、水を含んでふやけています



2時間後、水漬けうどんを3分茹でます


水漬けうどんはふやけてはいますが、麺同士がくっついたりせず、いつも通り茹でられました。火加減や麺の種類によって茹で時間は若干変化するので、味見をして固さを確かめるのがおすすめです(このとき、やけどに注意!)。


実食!


表示通り13分茹でた普通のうどんと食べ比べてみます。見た目はほぼ変わらない2つの麺。左側の水漬けうどんのほうが、やや白っぽく透き通った感じがします。同じ麺つゆにつけて、食べ比べてみました。



左:水漬けうどん、右:普通のうどん

水漬けうどんは、表面がツルッとして、甘みがあり、柔らかい食感。一方、普通に茹でたうどんは、コシがあって食べごたえがある印象。好みはあると思いますが、水漬けしたからと言って特に味が落ちることはなく、美味しくいただけました。

短時間でさっと茹でられるので、余った時間で様々なアレンジを楽しんでもよさそう♪

カルボナーラ風


うどん乾麺の手抜き和風濃厚カルボナーラ

by miiiimom

家にあるもので濃〜〜厚!!しっかり味の和風カルボナーラ☆

ナポリタン風


うどんアレンジ★かんたんナポリタン

by milmilch

うどんの麺(乾麺)をたくさん茹ですぎた翌日のアレンジレシピです★
パスタ麺よりもカロリーが1/3カットできてヘルシー!

パッタイ風


乾麺でタイ風の焼きうどん(パッタイ風)

by mamijo

マンネリしがちな焼きうどんも、エスニック風に簡単アレンジ!基本さえ押さえれば、具は自分好みでなんでもいけます♪

とにかく暑い、夏場の台所。少しでも加熱時間を減らせると嬉しいですよね。暑さ対策はもちろん、省エネにもつながるので、一石二鳥!水漬けテクを活用すれば、この夏は、乾麺がもっと身近な存在になりそうですね!