Appleが、新社屋Apple Parkの本格稼働を前に、併設するビジターセンター内のカフェ従業員の求人を公開しました。このカフェは、Appleとして初めて設置する、本社敷地内の一般向け飲食施設となります。

Appleとして初、本社内のカフェを一般公開

Appleは今年2月、「Apple Park」の名称を発表するとともに、4月から順次、従業員が移転し業務を開始すると発表しています。
 

 
本格稼働を前に、Apple Park敷地内に一般客向け施設であるビジターセンター内に設置されるカフェの求人が公開されました。このカフェは、Appleとして初めて、一般向けに公開する本社敷地内の飲食施設となります。

 
本稿執筆時点でAppleのWebサイトで公開されている求人は、ビジターセンター内のカフェのスーパーバイザーとマネージャー職です。
 

 
ビジターセンターのオープン時期は明らかにされていません。

他では買えないアイテムが買えるApple Storeも

ビジターセンター内には、現在の本社であるApple Campusと同様、同社製品を販売するApple Storeも設置されます。現在、Apple本社内のApple Storeでは、他のApple Storeでは入手不可能な限定アイテムを購入することができます。
 

 
なお、5月末に撮影されたApple Parkの空撮動画では、重機を使った工事が進行中であることが確認できます。
 

 
 
Source:9to5Mac
(hato)