きっかけになったInstagramの投稿

写真拡大

 ドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」などの女優ルーシー・ヘイルが自身のInstagramで放った言葉がファンからのひんしゅくを買って炎上。Twitterを通して謝罪した。そのきっかけになった彼女のInstagramのコメントは、「えー、わたしすごい太ってた」というものだった。

 ルーシーは父の日に合わせてInstagramに「愛しているわパパ」と以前の自身が写った家族写真を掲載。その際に知り合いのスタイリストから「変わらずステキだね」と寄せられた彼女は、Instagram上で「えー、わたしすごい太ってた」と返答。ルーシーにとっては軽い会話だったかもしれないがこの言葉にファンから批難が。

 「これで太っている? 馬鹿にしているの?」「太ってた? この写真はあなたとあなたの父親の美しい写真じゃない。どれだけの若い女の子がアナタをフォローしていると思っているの? もしこの投稿を若い子が見たらどうなるって考えたことある?」「自分はもっと太ってるって傷つく人もいるんじゃ?」「どれだけの女の子たちがあなたを尊敬して、コメントを見ていると思う? 投稿する前にそのことを考えるべき」などの意見が彼女のInstagramに相次いだ。

 別のファンからは「彼女が過去の自分をどう考えようと個人の自由だ」「気にすることない」と彼女をかばうコメントもあったが、これらの反響を受けてルーシーは同写真のコメント欄を閉鎖。そしてTwitterで「ときおりわたしは自分の行動や発言をみんなが見ていることを忘れてしまう。そういうつもりじゃなかったの。わたしの体重に関するコメントで誰かを傷つけてしまっていたのなら、本当にごめんなさい」と謝罪した。続けて「わたしに憧れてくれる子たちがいることはわかっている。だからもっと発言に気を付けるべきよね。いつもみんなありがとう。どうか許して!」とつづったルーシー。Twitterではファンや友人のセレブたちの「謝る必要はなかったわ」「大丈夫よ!」など彼女を励ます声も見られていた。(濱島裕)