アジアインフラ投資銀行の第2回理事会がこのほど行われ、アルゼンチン、トンガ、マダガスカルが新たにメンバーに加わった。これにより参加国・地域は計80に達した。資料写真。

写真拡大

アジアインフラ投資銀行(AIIB)の第2回理事会がこのほど行われ、アルゼンチン、トンガ、マダガスカルが新たにメンバーに加わった。これにより参加国・地域は計80に達した。(文:程誠・中国人民大学重陽金融研究院副研究員。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

AIIBの金立群総裁は、「AIIBの開放度と透明性を重視する理念が認められた。AIIBは創設の構想が打ち出されてから現在に至るまで、わずか2年半しか経たないのに、地域や文明や発展水準の枠を超えた幅広い支持を獲得し、『友達の輪』に加わるメンバーがどんどん増えている。『仲間を増やす』秘訣はなんだろうか」と問いかけ、次のように述べた。

▽秘訣1:ニーズを的確に捉えていること

AIIBがこれほど幅広い支持を得た根本的原因は、各国の要求に的確に応え、今の世界で最も希少な公共財を提供したことにある。「豊かになろうと思えば、まず道路を整える」ということで、インフレを改善すれば市場取引のコストを引き下げて経済発展レベルを引き上げることができる。だがインフラは往々にして料金徴収によるコスト改修が難しく、そのため(通信分野を除いて)民間投資の大規模な参入を誘致することは難しい。また発展途上国も建設と資金調達の能力を十分に備えていないところが多く、こうしたことが国際的開発融資プロジェクトが発展途上国のインフラ建設における主な資金調達スタイルになるという状況を決定的にしている。関連機関の予測では、発展途上国には毎年インフラ建設で1兆ドル(1ドルは約111.2円)の投資ニーズがあるが、目下の経済成長ペースを維持し、未来のニーズを満たそうとするなら、2020年までは少なくとも毎年さらに1兆ドルの投資が必要だと推計される。また30年の世界のインフラニーズは65兆ドルから70兆ドルに達するとみられるが、これは世界の公共建設の資金プールの供給能力をはるかに上回る数字だ。AIIBの創設は絶好のタイミングで行われ、各国にインフラ分野の開発性金融支援を提供するために設立されたため、各国から大いに歓迎されることになった。

▽秘訣2:モデルが新しいこと

AIIBは提供する商品がニーズを的確にとらえているだけでなく、資本金の構造における出資比率という核心的問題で革新を達成した。第二次世界大戦後、国際通貨基金(IMF)、世界銀行、その他の地域レベル多国籍開発銀行(アジア開発銀行やアフリカ開発銀行など)が次々設立され、各国の出資比率に基づいて議決権の割合が決まっていた。米国、日本、英国、フランス、ドイツなどの先進国はこれらの多国間機関の資本金で圧倒的な割合を占めており、決定権を独占し、有効な改革措置を打ち出すことを阻んでいた。目下、世界では新興市場と発展途上国による世界経済の成長への寄与度が80%を超えていながら、これらの重要機関で適切な代表権と決定権はなかなかもてずにいた。AIIBは経済規模に基づいて出資比率を割り当てる方法をとっており、権利と義務を統一し、公平な決定メカニズムを志向する。これもAIIBが各国に歓迎された重要な原因の一つであり、特に発展途上国と新興市場国に歓迎された重要な原因だ。

▽秘訣3:winwinを目指していること

AIIBはさらに既存の多国間開発金融機関との協力・winwinを通じて、対立せず対抗せず、「和して同ぜず」という関係を構築した。1年あまりの運営期間にアジア9カ国のインフラ投融資プロジェクト16件を認可し、総投資額は24億9000万ドルに達した。このうち12件は他の多国間開発銀行との共同融資によるものだ。世界銀行やアジア開発銀行などとの協力を通じて、多くの国の疑念を消し去り、より多くの支援を獲得したのも当然のことといえる。

AIIBは世界で最も「若い」多国間開発性金融機関で、今後の発展のためにはまず加盟国を引き続き増やし、より広い範囲、より多くの分野で資金を流動させ、投資効率の持続的向上を達成することが必要だ。また引き続き資金の規模を拡大し、融資構造の革新を進め、アジアの発展に向けてより豊富な開発性金融公共財を提供し、平等、包摂、開放、持続可能な人類の未来に貢献することが必要だ。(提供/人民網日本語版・編集KS)