「“痩せる”は不健康⁉」 モデル・菅井悦子が伝える〜女がカッコよく生きるための心と体の鍛え方〜

写真拡大 (全3枚)

今日のひとこと
「「“痩せる”は不健康⁉ しっかり食べて美しくなる食事をしましょう!」」

食事の目標設定をしよう

食事の目標設定をしたことがありますか? 1回目にもお伝えしましたが、まず、決めることが大事です。必要な量を知り、美しくなるための食事をすると決めましょう。

キレイになりたいと思うなら、キレイになる食事をしないといけないし、体調が悪ければ、よくなるための食事をばなければいけないと思います。「こうなりたい」と、決めることで必要な食事がわかり、いかに食事が大事かを気づくはず。

カサカサな美しさはいらない

『きれいになりたい』はずなのに、『体重を落とすことばかりの食事』をしている女性達が多いと思います。どうなりたいか? という具体的な目標がなく、キレイになりたいという目標に到達するための方法が分からないから、ちぐはぐなことをしてしまっているのです。
キレイになりたい」「努力をしたい」でも、具体的な努力の方法がわからないから、おしゃれな食事に見える、スムージーやヨーグルト、サラダだけですませるとか、体を作る材料の少ない食事をしてしまう。それじゃ、美しいくなれないばかりか、お肌もカサカサになってしまいます。

引き算ばかりの食事じゃ、キレイになれない!

キレイになりたいと思っているなら、もっと栄養素のことを勉強したほうが得‼ 食べ物には役割があります。糖質の役割は知ってる? タンパク質の役割って何? なんとなく知っていたとしても、ダイエットのために抜いてないですか?

例えば、糖質は体を動かしてくれるエネルギー源ですし、タンパク質は筋肉の材料に以外にも肌や髪の毛、爪など、様々なものの材料になっているものなのです。

一日に必要なタンパク質量は知っていますか? 一日に最低での必要なタンパク質量は
体重×1gと言われてます。さまざまな材料になるタンパク質が足りないと、髪や肌の元気がなくなるってことです。つまり、食事は引き算だけじゃない、足し算が必要です足りないものをしっかり補うことをしましょう

なんとなく知っているというのは知識でありません! 実践できる知識を持ちましょうね!

『痩せるは美しい?痩せてるって健康?』

本当に『痩せることだけ』で、美しさや健康が手に入るのか?ということを考えてもらいたいです。食事の点で見ても、必要なものを満たさずにいたら、体は枯渇します。常に足りない! という状態は健康だと思いますか?木は豊かな土壌にしっかり根を張り、健やかに育つことができます。人の体だって、豊かな土壌作りは重要なことなのです。

必要なものを体に入れないということは健康というものからも遠ざかります。なぜなら私達は食べることでしか、栄養を入れることができないのですから。

ここで大きな声で言いたいのは、『必要な栄養を入れないでいること』、「過度に痩せる」というのは不健康だということ。

食事をしたり、水を飲めばそのぶん体重は増えて当たり前のこと。体重計に毎日朝晩乗って、100gの増減に一喜一憂するよりも、今の自分の体はどう構成されているか確認すれば何が必要か見えて来るはず。そうすれば、体重が増えても怖くないかも!

美しい体には健康である必要があります。健康な体でなければ、美しくなれません。

ウエイトトレーニングでガラリと変わった思考、生活

私は、トレーニングを始め、改めて自分の体と向き合い、食事とも思いっ切り向き合うことになりました。どうしてこの食事が必要なのか? どうしてトレーニング後にプロテインドリンクを飲むのが有効なのか?

ウエイトトレーニングを継続していく中で、一つひとつのことに意味があることを知った今は、『食事を抜かす』ことはしません。『コントロール』をしても『制限』や『断つ』ことはしません。なぜなら、食べることは生きていくことに絶対に必要なことだからです。

食べないということは生きることを放棄しているかもしれない? 生理が止まるほどに痩せることが本当に健康なの? 体重を落とし、筋力も落ちた体は本当に美しいの? 健康な体って、どんな体?

ダイエットに夢中になっている女性達へ。
本当の美しさはどこにあるか考えていきましょう‼

 

菅井悦子
1979年3月13日、宮城県仙台市出身。雑誌『non-no』(集英社)のノンノフレンドとしてモデルデビュー後、『non-no』の専属モデルに。その他、『MORE』『With』など多数のファッション雑誌で活躍。‘09年、全米ヨガアライアンスを取得。ヨガにウエイトトレーニングのメソッドを取り入れた、アッパーバランスボディヨガ(UBY)、リストラティブヨガ、マタニティヨガなどさまざまなヨガの講師、また食育指導士としても活躍中

 

ライター:保坂淑子
写真:最上裕美子