By Steve Jurvetson

再利用可能ロケットの開発を進めるSpaceXや「完全自動運転」を実現する自動車を開発するテスラなどでCEOを務めるイーロン・マスク氏は、世界有数の起業家として知られます。そんなマスク氏が毎朝行っているというルーチン作業をCNBC Make Itが紹介しています。

Elon Musk’s morning routine and top productivity tip

http://www.cnbc.com/2017/06/20/elon-musks-morning-routine-and-top-productivity-tip.html

イーロン・マスク氏は自身の生活の90%をSpaceXやテスラでの仕事にあてているそうです。



残りの10%の時間でその他すべてをこなすとのこと。



よって、マスク氏はリラックスしている時でも仕事をこなさなければいけません。



子どもと過ごしたり、お酒を飲んだりしている時でもメールの返信を行っている模様。





昔はカフェインに頼ることもあったそうですが、現在はその量を減らしているとのこと。



マスク氏は生産性を高めるには毎日6時間の睡眠が必要と語っています。



これに対して、Amazonのジェフ・ベゾスCEOは毎日8時間寝ているとのこと。



ベゾスCEOは、「もしも睡眠時間を減らしたなら、その分、生産性のある時間を得られると考えるかもしれません。しかし、その生産性はまやかしだ」と睡眠の重要性について語っています。



そんな仕事人間なマスク氏の朝は、6時間の睡眠を取ったところから始まります。起床時間は朝の7時で、朝起きて1番最初にやることは「重要なメールへの返信」だそうです。このメール返信にかける時間は約30分。朝食はなんとわずか5分で済ませ、5人の息子を学校に送るそうです。その後、シャワーを浴びて自動車に乗って仕事に出かけます。そして、午前中は大抵の場合エンジニアリングとデザインに関するディスカッションに費やすそうです。なお、この午前中の一連の流れはマスク氏にとっては毎朝のルーチンになっているとのこと。