理学療法士が教える“秘密の美トレ”  美バストを作る筋肉美トレ4カ条

写真拡大

横を見るな、上を向け!

夏までに、確実にきれいな胸になる方法を教えます! 輝く明日の自分を、目一杯楽しみましょう!

前回もお話しましたが、そもそもバストは『大きさ(乳腺と脂肪)』と『形(筋肉と靭帯)』で決まります。若返りホルモン(成長ホルモン+女性ホルモン)が、美バストのための乳腺や筋肉の活性にかかわってきます。そして、今の暮らしチェックをしましたが、その後、生活は変わりましたか?

前回の話:今からでもバスとはきれいに大きくなる!?  理学療法士が教える“秘密の美トレ”

何もしていない、そこのあなた! あなたの胸は垂れるわよ!

できることをしたあなた。 最高! すでに美バストさん! あなたの胸は10年後も上を向いたままのはず!これからも小さなことから続けていきましょう。

今回は、筋肉と靭帯のための美トレを紹介していきます。

実は、悲しいお知らせ! 靭帯ってトレーニングできないんです。だからブラジャーでしっかりサポートしてあげて下さい。

美バストの美トレの極意は「乳首は必ず上向き」。

でも、安易に腰を反らせて、胸を突き出さないで。おばあちゃんになった時に腰痛おばさんになっちゃうわよ!

美バストを作る筋肉美トレ4カ条

では、おばあちゃんになっても美バスト美人の美トレを4つご紹介!

●美バストで美トレ その1:大胸筋は、美バストを支える土台!
・胸の前で両手を合わせてる(合掌)。指先は上に!
・両ヒジは下がらないよう、合わせた手首と一直線に。
・胸を張り両手を押し合いながら力を入れる。
* できるだけゆっくりと時間をかけながら息を吐く。

●美バストで美トレ その2:小胸筋と前鋸筋は、リフトアップとアンダーラインのサポーター!
・みぞおちの前で両手を合わせてる(合掌)。指先は前に!
・胸を張り両手を押し合いながら力を入れる。
・できだけ力を入れながらゆっくりと、合わせた手を斜め前上に伸ばしていく。合掌した掌(手のひら)が、離れないギリギリまで伸ばすと、さらなるバストアップが期待できるのよ!
* 出来るだけゆっくりと時間をかけながら息を吐き。吐く息がなくなったら終わり

●美バストで美トレ その3:菱形筋(広背筋)を鍛える
・両手で「前に習え」をする。
・ボートのオールを持って漕ぐ様に、両手同時に後ろに引っ張る。
* 引っ張る最後は掌を上向きにすると、さらなるバストアップが期待できる!

●美バストで美トレ その4:腹式呼吸は、美姿勢・美バスト・腰痛・肩凝りの予防にも!
・まっすぐに立って、両手を後ろに回して指を絡めて組む。
・肘を曲げながら、肘と肘がつく様に力を入れて腕を締めながら、肩甲骨を寄せて下にゆっくり優しく引き下げる。
* この時おヘソを凹ませるようにしながら、ゆっくり長く呼吸するのがキモ!

 

私達、理学療法士の視点から言えば、日々の生活が丸ごと美しくなるための運動に変わるります!
美バストを手に入れたいなら急がば回れ! 毎日毎日少しずつ!
目安は、「少し疲れたな〜」「ちょっと筋肉痛になりそう?」「少し筋肉が張った感じがあるかも!」くらいでいいと思いますよ。

「私は忙しいの!こんなことしてられない。」
「3日坊主の私でも出できる、もっと簡単+もっと楽チンな美トレないの?」
という欲張りなあなたのための番外編は次回に!

 

ライター:町田光明(理学療法士・ヨガ講師・健康運動指導士・介護予防運動指導員。芸能人からトップアスリート、障害者(児)まで全国で指導)