いつまで使ってOK? 気になるコスメの寿命とは

写真拡大

アイシャドウやリップなど、一度開封したものの毎日は使っていないアイテムってありますよね。直接肌に付けるものだから、久しぶりに使いたい時、衛生的に問題ないのか気になる人も多いのでは。そこで、各種コスメの使用期限や保存方法について、コスメコンシェルジュの古賀令奈さんにお伺いしました。

■開封後は品質低下に気を付けよう


── 一般的に化粧品の使用期限はどのくらいなのでしょうか?

「使用期限は開封前と開封後で異なります。開封前の場合、一般的に製造日から3年以内とされています。これは、『医薬品医療機器法』で、適切な条件下で3年以上品質が安定している化粧品は使用期限を表示しなくても良いと認められているためです。

中には、使用期限が設けられているコスメもあるので、パッケージや取扱説明書を必ずチェックしてみてください。特に、オーガニックや無添加系コスメは消費期限が短いものが多いので注意が必要です」

──開封後はどのようなことに気を付ければ良いでしょうか?

「開封前であれば3年もつアイテムも、一度開封してしまうと雑菌の混入や二次汚染などによって品質が低下してしまいます。品質を維持するためには、開封前・開封後ともに高温多湿・温度変化の激しい場所、直射日光の当たる場所は避けて、日の当たらない風通しの良い涼しい場所で保管しましょう。私の部屋は西日が強く当たるので、コスメ類はその日差しが当たらない日陰にまとめて保管しています。日頃から窓をこまめに開けて換気も心がけていますよ」

開封後の使用期限はコスメごとに異なるそう。それぞれ使い切る目安や処分する時期、正しい保管方法を聞いてみました。

■ベースメイク編・ 液状コスメは半年以内に!



【下地・ファンデーション・パウダー】

下地やリキッドファンデーション、クリームファンデーション、コンシーラーなど、液状のコスメは半年以内が目安です。パウダーファンデーションやフェイスパウダーなど粉状のアイテムは1年以内に使い切りましょう。
ベースメイクは汗や皮脂に強い春〜夏向け、保湿力の高い秋〜冬向けなど、季節ごとに適したアイテムが変わりやすいもの。次のシーズンに持ち越さないよう、ワンシーズンで使い切るのが理想的です。

【パフ・スポンジ】

一度使った部位の使用は避け、3日に1回は洗って清潔を保ちましょう。何度も洗っていくうちに肌触りが悪くなったら、新しいものに切り替える時期です。ブラシも使用ごとにティッシュで拭き取り、1週間に1回程度は洗った方が良いでしょう。ブラシの毛が切れたり抜けたり、肌に当てた時に刺激を感じたりするようになったら劣化のサインです。

【チーク】

水分量の多いリキッドタイプは酸化しやすい傾向があります。パウダータイプは1年以内、クリームタイプやスティックタイプなら半年以内が期限だといわれています。

■アイメイク編・もっとも注意が必要なのはアイメイクコスメ!



【アイライナー・マスカラ】

目はとてもデリケートな部位なので、衛生面に十分な配慮が求められます。中でも、液状のリキッドアイライナーやマスカラは使用期限が特に早く、3カ月以内とされています。同じアイライナーでもペンシルタイプであれば、1年以内と考えて良いでしょう。

【アイシャドウ】

リキッドタイプなら半年、パウダータイプなら1年以内が目安です。

【アイブロウ】

1年程度使用可能ですが、眉マスカラは他のマスカラと同様に3カ月以内の使用をオススメします。

この期限はあくまで目安とのこと。目の充血やかゆみ、炎症などが起きた場合は、使用を中止し、医師に相談してくださいね。

■リップ編・ 雑菌の繁殖に要注意!



【スティックタイプ】

口紅やグロスなどのリップアイテムは、雑菌が繁殖しやすいコスメです。特に、スティックタイプの口紅を唇に直塗りしている方は、半年以内に使い切りましょう。口紅をスパチュラで削り、リップブラシで塗るように習慣づけている場合は、1年程度使用できます。

【チップタイプ】

チップで塗るグロスやリキッドルージュの場合、容器の内部に雑菌が混入しやすいので、使ったあとはティッシュで拭くことを心がけてください。こまめに拭いていてもスティックタイプより雑菌の繁殖を防ぎにくいため、半年以内で使い切ったほうが良いでしょう。

【マルチタイプ】

最近増えている、1アイテムでチークやリップ、アイシャドウとしても使えるタイプは、衛生面から考えて使用期限に配慮しておきたいところです。使用する際は指で直接触らないように心がけ、半年以内に使い切るよう意識しましょう。そして、たとえ使用期限内であったとしても、分離や沈殿、異臭、変色などを感じたら使用は控えてください。肌トラブルの原因になるので、必ずコスメの状態を確認してから使う習慣を心がけたいですね。

それぞれの使用期限や正しい保管方法を守って清潔に保ち、思いっきりメイクを楽しんでくださいね。

(五十嵐綾子+ノオト)

<取材協力> コスメコンシェルジュ 古賀令奈さん