リリー・フランキーは最強の敵として、あっちゃんは謎の女子大生として出演!
 - (C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

写真拡大

 大泉洋と松田龍平のコンビが人気の『探偵はBARにいる』シリーズの最新作、『探偵はBARにいる3』の公開日が12月1日に決定。新たにリリー・フランキー、前田敦子が出演することが明らかになった。

 本作は、アジア最北の歓楽街である札幌・ススキノを舞台に、その街の裏も表も知り尽くした“探偵”たちの物語。今回の探偵(大泉)への依頼は、彼の相棒・高田(松田)が持ち込んだ人探し。失踪した女子大生について調べていくうちに、探偵たちはモデル事務所の美人オーナー・マリ(北川景子)に出会う。

 前田が演じるのは、その人探しの対象である女子大生・麗子。北城の売春組織に所属し、失踪した彼女の存在は、探偵たちをとんでもない事件へと引き込んでいく。またリリーは、探偵たちの前に立ちはだかるシリーズ史上最狂の敵・北城役として登場。慈善活動に積極的で、札幌経済界のホープ・北城グループの社長として知られているが、その裏の顔は恐喝、売春、密貿易までなんでもやる裏社会の住人という役どころだ。

 実はリリーには『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』のときに、「公式フォトブックのカメラマンをやらないか」とオファーが届いていたという。しかし「スケジュールが合わずできなかった」とのこと。ようやく念願かなっての出演となり「あの人気シリーズにまさか呼んでもらえるとは思ってもいなかったので、クランクイン前から大泉さんや龍平くんとご一緒できるのをすごく楽しみにしていました」と大喜び。そのやる気は撮影にも反映されているようで、「北川さんの髪をつかむシーンがあったのですが、そこはさすがに全力ではいけないので、かわりに大泉さんへのビンタはガチンコで当てることに決めて撮影に挑みました」と語っていた。

 一方で、シリーズのファンだという前田も、「撮影中も生の探偵と高田が目の前にいるので、初めて感じるような楽しさでした。お仕事ですけど自分へのご褒美のようでした」とうれしさをにじませる。「大泉さんに『また共演できたらいいね』と以前言っていただいていたのですが、今回この作品への参加が決まり、『夢がかなったね』と言っていただけました!」と明かしていた。(編集部・井本早紀)