最近「あまり新聞を読まない人も興味を持てるような新聞の楽しみ方を」と各所で言われます。

 そこでよく使っているのが「1塁側と3塁側」の例え。

ゲンダイと東スポは球場のどこにいる?

 野球を観にいくと、1塁側にはホームチームを応援する観客が多い。3塁側はビジターで、ホームチームとは距離を置く(ファンが多い)。


©iStock.com

「安倍政権」という野球場でも同じではないか? それぞれの席に各新聞がいると考えてみるのだ。1塁側には読売新聞、産経新聞。3塁側には朝日新聞、毎日新聞、東京新聞。この様子を眺めてみる。

「本来、ジャーナリズムってみんな3塁側じゃないの?」という基本的な疑問は置いといて、とりあえずこの図式を頭に入れておく。

 ちなみに夕刊紙で言うと、日刊ゲンダイは外野席の一番前で野次を飛ばし、東スポはバックスクリーンの横で双眼鏡片手にベンチ内を探っているイメージか。

「2020年大好きおじさん」という問題

 では同じニュースなのに「1塁側、3塁側」の違いが分かる例をあげていこう。1塁側の代表・読売新聞と3塁側の代表・朝日新聞の紙面から紹介していきたい。

 認可保育施設に入れない待機児童を解消する問題。安倍政権は3年遅らせて2020年度末を解消時期とすることで最終調整に入った、というニュース。本当は17年度末までに「ゼロ」にする目標を掲げていた。これを「朝日」と「読売」はどう報じたか。


©iStock.com

「『待機児童ゼロ』3年先送り 今年度末の達成できず」(朝日新聞・5月31日)

「先送り」という言葉は「毎日」「東京」「日経」も使用していた。これに対し「読売」は、

「待機児童ゼロ 20年度目標」(5月31日)

 と書いた。

「目標」という言葉づかいは何ともポジティブ思考ではないか!

 こう考えると待機児童解消も東京五輪も憲法改正も、2020年がくればバラ色に変わるという「2020年大好きおじさん」が世の中にはいることがわかる。

劇的な1面の並びとなった「6月15日夕刊」

 待機児童でこれだから「加計学園問題」は各紙でもっと違いが激しい。今国会が閉会した翌日の6月17日の1面をみてみよう。


 

「内閣府説明、文科省と対立」(朝日新聞)

《今国会で最後の論戦が16日、交わされた。「総理のご意向」などと記された一連の文書について文部科学省と内閣府の調査結果が食い違う中、事実の解明には至らなかった。文書の発覚から1カ月。国会は事実上閉会したが、さまざまな疑問が残ったままだ。》

 一方、同じ日の「読売」1面はこちら。

「内閣改造 8月後半にも 憲法改正備え 菅、麻生氏留任へ」(読売新聞)

 すでに「読売」の心は先なのだ。

《安倍首相は、8月後半にも内閣改造・自民党役員人事に踏み切る意向を固めた。》

「読売」の関心は安倍内閣の人事。「加計問題?もう終わり終わり」というナベツネの声が聞こえてきそう。※あくまでイメージです。

 さらに劇的な1面をご紹介しよう。


 

「テロ準備罪法 成立」(読売新聞夕刊・6月15日)
「『共謀罪』法 成立」(朝日新聞夕刊・6月15日)

 これ、同じ日の夕刊である。同じ日に別の法案が成立したようにみえる。「組織的犯罪処罰法改正案」が新聞によって「テロ準備罪」と「共謀罪」と呼び方が異なるのだ。

「朝日」は3月22日の1面で「おことわり」として『政府が国会に提出した組織的犯罪処罰法改正案には、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨が盛り込まれており』、これまでと同様、原則として「共謀罪」の表現を使うと宣言していた。「3塁側」の意志というか、意地である。

「朝日」はもとより「読売」までもが「乱暴」と指摘した

 今回、この法案が成立したときに使われた「中間報告」という手法の評価はどうだろう。

《「共謀罪」法が成立した。委員会での審議・採決を飛ばして本会議でいきなり決着させるという、国会の歴史に重大な汚点を残しての制定である》と社説の冒頭に書いたのは「朝日」(6月16日)。これは3塁側からの声としては予想できる内容だ。

 では1塁側の「読売」は「中間報告」についてどう書いていたか。

《与党が、参院法務委員会での採決を省略し、審議経過などに関する委員長の「中間報告」で済ませたのは、乱暴な対応だった。》(6月16日・社説)

 あ、やっぱり1塁側から見てもあれは乱暴だったのだ。

 それだけではない。

「都議選前 駆け込み決着」という4面の記事には「運営『乱暴』与党も戸惑い」とハッキリと小見出しに書いている。

 となると、都議選対策のために強引に閉じた感のある国会だが、与党のあの対応はむしろ都議選の争点になる?

 ケンカ上手な都知事がさっそく本日の告示後からこのネタを使いそうな気がします。


小池都知事に向かい風 ©石川啓次/文藝春秋

(プチ鹿島)