中国科普研究所と社会科学文献出版社が北京市で、「2017年国家科学普及能力サミットフォーラム、『国家科学普及能力発展報告書(2006-16)』新書発表会」を共催した。

写真拡大

中国科普研究所と社会科学文献出版社が北京市で、「2017年国家科学普及能力サミットフォーラム、『国家科学普及能力発展報告書(2006-16)』新書発表会」を共催した。同報告書によると、中国の科学普及専門従事者数は2016年に22万2000人に達し、2006年比で10.8%増となったが、依然として不足しているということだ。人民網が伝えた。

相対的な指標である1万人あたりの各種の科学普及従事者数を見ると、2015年の全国1万人あたり科学普及専門従事者数は1.6人で、2006年からの年平均成長率は0.6%。科学普及兼職者は13.3人、成長率は2.3%。科学普及登録志願者数は20.1人、成長率は25.2%。2014年末の全国科学技術人材数は8114万人で、2006年より87.4%増。科学普及従事者数は201万2300人で、23.9%増。

同報告書によると、中国の科学普及従事者と科学普及登録志願者数は全体的にやや増加しているが、人口大国である中国としては、科学普及人材、特に科学普及専門従事者が依然として大きく不足している。

同報告書によると、中国の科学普及能力は2006-15年の間に向上し、年平均成長率は8.3%に達した。うち東部地区の最大の成長率は26.3%で、年平均は全国を0.2ポイント上回る8.5%。

中部地区は全体的に成長し、最大の成長率は29.9%で、2013-15年の成長率が小幅低下した。西部地区はほぼ安定的な成長の流れを示しており、最大の成長率は46.2%。成長率が低下したのは2014年のみで、年平均は全国を2.5ポイント上回る10.8%となっている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)