陸上自衛隊(「Wikipedia」より)

写真拡大

 トランプ米大統領によって5月に解任されたジェームズ・コミーFBI前長官は8日、米上院情報特別委員会の公聴会に出席。ロシアとの深い関係が疑われていたフリン前大統領補佐官への捜査について「フリンは良いヤツだ。この件は放っておいてほしい」とトランプから2月に求められたと、自身のメモに基づいて証言、司法妨害があったことを示唆した。

 在職中の大統領が辞任に追い込まれたニクソン大統領のウォーターゲート事件になぞらえられて、ロシアゲートと呼ばれているが、どのような背景でこの問題が起こり、今後どのようになっていくのだろうか。

 前回に引き続き、元外務省情報局長で『戦後史の正体』(創元社)をはじめ数多くの著作のある評論家、孫崎享氏に話を聞いた。

 今後ロシアゲートはどのような展開をたどるのだろうか。

「トランプに反対しているエスタブリッシュメントの人たちかちは、トランプを早く辞めさせて、副大統領のマイク・ペンスに大統領になってほしいと思っています。そうなれば、彼らは政権に入れるからです。だから、トランプ攻撃というのは政権が続く限りずっと続いていくでしょう。

 ただ米議会で弾劾ができるかというと、下院は過半数の賛成でいいので可決される可能性はありますが、上院では3分の2以上の同意がなければ罷免は成立しないので、これはなかなか難しい。世論調査をみていると、トランプの支持率は40%を上下していて、ホワイトプアを中心にしたコアなトランプ支持者は離れていないことがわかります。トランプは民衆の支持があって当選したので、これが大幅に崩れないところでトランプ攻撃をやれば、共和党の議員は次の選挙で負ける可能性も高い。トランプ支持者が離れていって、支持率が30%を切るような事態にでもならないと、なかなか動けないでしょう」(孫崎氏、以下同)

 エスタブリッシュメントの人々が声を上げているなか、共和党はトランプ大統領のままでいいのだろうか。

「ひとつの着目点としては、トランプは政策的には保守本流の望むことをやっているということです。安全保障や税制、医療保険もほとんど丸投げのようなかたちで、共和党に都合のいいものをやっている。たとえばトランプは以前、イラク戦争は間違っていたと言っていたが、彼はその考えを貫くつもりはありません。彼が国防長官に選んだジェームズ・マティスにしても、安全保障の補佐官にしても、イラク戦争、アフガニスタン戦争を実施した人たちです。安全保障政策にトランプは口出しするつもりはない、ということです。共和党の人たちに、トランプの政策に不満があるわけではない。ということになると、なぜ弾劾しなきゃいけないかということになります」

●消えた「ロシアとの融和」

 大統領就任前、トランプは在日米軍の駐留費用を日本に負担させると言っていたが、2月に来日したマティス国防長官が日本の駐留米軍の経費負担(ホストネーションサポート)について「他国へのお手本」と言って、トランプ発言を否定したことは記憶に新しい。

「6月1日、地球温暖化対策の国際的な取り決めであるパリ協定から、アメリカが離脱することをトランプは発表しました。日本ではやはり、ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストでアメリカの世論をみようとするので、アメリカでも『離脱とはなんたることか』と受け取られていると思ってしまう。だけど、ウォール・ストリート・ジャーナルは、よくやったと書いています。パリ協定に縛られて企業が動けない、負担がかかるということがあったわけで、トランプだからやってくれたと保守層からは歓迎されています」

 トランプが考えていたロシアとの融和は、ロシアゲートが騒がれたことで、どうなるのだろうか。

「それは、もうできないと思います。だから国際情勢の大勢には影響はないですが、日本にとっては厳しい部分があります。トランプがロシアとの融和を進めれば、北方領土問題が動いたかもしれない。だけど、その可能性はなくなりました。マイケル・グリーンやマイケル・オースリンなど知日派が政権に入っていないということも、少なからず日本には不利でしょうね」

●日本の憲法改正と米国

 ほかにも、日本への影響はあるのだろうか。

「トランプが安全保障を丸投げしているということでみておかなくてはいけないのは、日本に関して大きな発言力を持っている元国務副長官のリチャード・アーミテージや国際政治学者のジョセフ・ナイが、『日本は憲法をいじるな』と言っている点です。解釈改憲で集団的自衛権が認められた。『解釈改憲をやっていれば日本国民の誰も気づかないうちに自衛隊を使えるのに、憲法改正なんか言うから、寝た子を起こしているんだ、静かにやればいい』という考えです。現実に派遣が難しいことになる。

 実際、5月に南スーダンから自衛隊は引き上げましたが、あれは憲法改正を言っているから、自衛隊の海外派兵がどうのこうのという話になったわけで、そうでなければ日本国民の誰も気にしなかったでしょう。南スーダンからの自衛隊撤退を、アメリカは歓迎しているわけではない。憲法改正の動きによって、逆に自衛隊に縛りがかけられるのは嫌だと思っているのです。

 マイケル・グリーンも言っていますが、求められているのは自衛隊の戦力アップではなく、自衛隊を海外に使えるような法整備なのです。アメリカが利用できるような部分的なところの増強は求めるけど、本体として独自で動けるような自衛隊の強化は望んでいません。安倍首相は日本会議を利用していますが、それが憲法改正の動きにつながるからいいと思う人たちもいるでしょう。しかし、アメリカからみると、日本会議はアメリカに好意的な人たちばかりではない。ナショナリズムが高揚したら、やっぱり日本に米軍がいるのはおかしいっていう話になるかもしれない。そんなことも含めて、アメリカは憲法改正の動きは、かなり気にしながら見ていると思います」

 ロシアゲートはアメリカ権力中枢のすさまじい権力闘争の表れであり、日本も無関係ではありえない。
(構成=深笛義也/ライター)