明治「カール カレーあじ」。8月生産分をもって販売終了となる。


「カレー」について前から思ってきたことがある。日本で独自の「カレー文化」が発展してきた中で、菓子の「カレー味」に限っては、さほど根付いていないのではないかということだ。

 それが事実だとすれば、そこには「カレー“を”食べる」か「カレー“で”食べる」かという、日本人のカレーとの向き合い方が関わっているのではないだろうか。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「カール カレーあじ」完全撤退へ

 明治がスナック菓子「カール」の販売縮小を発表してから1カ月。「東日本で買えなくなる」という話題で持ち切りの中、「『カレーあじ』が食べられなくなる」という話題も静かに聞かれた。

 カールのブランドサイトによると、カレー味の初代にあたる「カレーがけ」の登場は、オリジナルの「チーズ」「チキンスープ」発売から1年後の1969年。以降「ビーフカレーあじ」「元祖カレーあじ」「南国カレー」「インド風カレーあじ」「おらが村の定番カレー味」「復刻版カレーがけ」「カールSTICK本格カレー味」などを販売してきた。同社も呼んでいるように、カレー味は「定番」にふさわしい味だったといえよう。

 だが、「カール カレーあじ」の終了で、「カレー味」の菓子が1つ減ることになる。「定番」でさえ存続は無理だったようだ。

店ではチーズ味、BBQ味、チリ味が優勢

 ではと、スナック菓子全体に目を向けてみる。すると、実は「カレー味」があまり定着していないのではないかということに気づく。たしかに、スナック菓子のカレー味といえば「カレーのパウダーがまぶされているもの」と想像はできる。だが、その具体的な商品はとなると、いくつ数えられるだろうか。

 試しに、都内のコンビニエンスストア3店と小規模スーパーマーケット1店を見つけた順に入り、菓子の棚で「カレー味」の陳列状況を見てみた。

 どの店にも100点近いスナック菓子が置かれている。そうした中で、1店目のファミリーマートでは「カレー」が付く商品は、期間限定の「亀田の柿の種 CoCo壱番屋監修カレー」(亀田製菓)1品のみだった。

 2店目のセブンイレブンでは同品と、「カレー印」(餅工房)の2品。3店目のローソンでは「亀田の懐かしカレーせん」(亀田製菓)の1品のみ。スーパーでは1品も見当たらなかった。

 カレー味の菓子が極めて少ないのと対照的に、「チーズ味」「バーベキュー味」「ホットチリ味」の多さに、あらためて気づかされる。コンビニやスーパーの棚は、いわば社会の嗜好の縮図。「カレー味」はあまり根づかずに棚から追いやられ、他の「味」が攻め込んでいるというのが現状だ。

「べとべと」は根づかぬ理由の1つだが・・・

 なぜ、「カレー味」の菓子は根づかないのか。

 日本人は昔から、外からの食材を取り込んできて独自に加工し、それを自分たちの食として定番化する営みを繰り返してきた。たとえば「あんこ」は、大陸から入ってきた塩味の肉の「餡(あん)」が、日本で小豆を使った甘味の食材に転じたものと考えられている。「てりやきバーガー」も、米国のハンバーガーに日本の醤油や味噌の調味料を合わせるという日本人の発想によるものだ。

 独自に加工して定番化する典型例のもう1つが、カレーだ。明治期にカレーが英国から入ってきて以来、日本人は、カレー南蛮、カレーうどん、カレーパン、カレーまんといった具合に、主食などの材料にカレーを組み合わせて日本独自の食を編み出し、定番化させてきた。

 この流れからすると、菓子とカレーを組み合わせた「カレー味」がもっと繁栄していてもよい気がするのだが・・・。

「指で摘む菓子に対して、べとべとするカレーのパウダーの相性が悪い」といったことは考えられる。だが、これだけだと、同じくパウダーが手につくチーズ味やホットチリ味などがシェアを張っている説明が付かない。

 カレー味の菓子がさほど定着していないとすれば、やはり味に関わる理由があるのではないか。

味覚を独占してこそ「カレー」

 そんなことを悶々と考えていると、ラジオ番組で芸人のサンキュータツオ氏が示唆に富む考察をしていたのに出くわした。曰く「カレー味は強すぎる」のだ、と。

 たしかに、カレーのスパイシーな味は“自己主張”の強いものだ。なので私たちは、さまざまな「カレー要素」と接するとき、「カレーに味覚を独占される」と覚悟、あるいは期待するのかもしれない。

 もし、その覚悟なり期待なりに応えるようなカレー味の菓子があれば、私たちは、それを選ぶだろう、「カレーを味わおう」と。たとえば、カレー味の菓子では孤高のポジションにある「亀田のカレーせん」(亀田製菓)は、カレーの風味が強烈で、煎餅でなくカレーと向き合う感覚を強く抱かせる。

亀田製菓「亀田のカレーせん」。食べ始めから食後まで「カレー味」で占められる。


 味が強すぎるといえば「ホットペッパー味」もそうだ。だが、上述の通り「カレー味」とは違って、スナック菓子と店頭でよく置かれている。この違いは何か。

 おそらく、日本人の精神性として「唐辛子は香辛料」「カレーは料理」という区分けがあるのだろう。「菓子と香辛料」の組み合わせは当然のものだとして「ホットペッパー味」を嗜好する。だが、「菓子とカレー」の組み合わせでは、カレーが“主”にならないと「カレー味」に向き合うまでに至らない。カレーに対する中心概念は、香辛料でなく料理だからだ。

 存在感の強さが中途半端なままであるなら、あえて「カレー味」とは表現しないほうが人びとの嗜好に合うのかもしれない。「サッポロポテト バーベQあじ」(カルビー)では、開発当初「カレー」をイメージして味づくりをしていたが、「カレーは家庭によって味が異なる」と考えて「バーベQあじ」と呼ぶようにしたという。

カルビー「サッポロポテト バーベQあじ」。発売は1974年。


「カレー“で”」でなく「カレー“を”」食べてきた日本人

 英国からやってきて突然のごとく接点を持ち始めた「カレー」を、今も日本人は「料理」として考えている。つまり「カレー“を”食べる」という感覚で、私たちはカレーと接しているのだ。

「カレー味」や「カレー風味」の菓子の大半は、ベース材料にカレーの要素を加えたもの。こちらと接するときは「(菓子を)カレー“で”食べる」という感覚になる。

「カレー“で”食べる」だと、カレーの存在がかえって邪魔になってしまうことがある。「カレー“を”食べる」ときこそ、カレーに正面から向き合う覚悟になれる。

「カレー味」の菓子も、「カレー“を”食べる」という気にさせるものがもっと増えれば、より繁栄していくのではないだろうか。

筆者:漆原 次郎