革のニーハイブーツもキマってる! - 映画『アトミック・ブロンド』ティザービジュアル

写真拡大

 『ジョン・ウィック』の共同監督デヴィッド・リーチと『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のシャーリーズ・セロンがタッグを組んだスタイリッシュスパイアクション映画『アトミック・ブロンド』が、10月20日より日本公開されることが明らかになった。シャーリーズは友人でもある『ジョン・ウィック』のキアヌ・リーヴスとトレーニングを重ね、激しいアクションに生身で挑んでいる。

 グラフィックノベル「The Coldest City」を原作とした本作でシャーリーズが演じたのは、潜入と脱出、そして接近戦のプロであるMI6のすご腕スパイ、ロレーン・ブロートン。最高機密のリストの奪還を命じられたロレーンはベルリンを訪れ、世界中のスパイによるリスト争奪戦に身を投じることになる。

 併せて公開された特報映像には、クイーンの名曲「キラー・クイーン」に合わせて、ロレーンが次々と男たちをなぎ倒す姿が! オープニングのガンアクションから長身を生かしたしなやかなロープアクション、ピンヒールを相手の胸にたたきつけるというまさかの攻撃まで、多彩な技を繰り出すクールなロレーンにうっとりさせられる。

 共演も『スプリット』のジェームズ・マカヴォイ、『キングスマン』のソフィア・ブテラ、『キングコング:髑髏島の巨神』のジョン・グッドマン、『キャプテン・アメリカ』シリーズのトビー・ジョーンズと実力派ぞろい。『マトリックス』シリーズなど数多くのハリウッド大作のスタントを務めてきて、『ジョン・ウィック』の共同監督として成功を収め、『デッドプール』続編の監督にも抜てきされるなど、アクション映画界で今最も注目される監督の一人であるリーチが、女スパイを主人公にしたアクション映画をどう撮ったのか、期待せずにはいられない。(編集部・市川遥)

映画『アトミック・ブロンド』は10月20日より全国公開