【詳細】他の写真はこちら



慎重派の、長男タロー。体を動かす遊びは苦手だったため、ほとんど〈ケガ〉をすることなく過ごしてきました。でも、幼稚園へ行きだして体を動かす楽しさを知ったのか、家でも外でも転んだりぶつかったりして〈ケガ〉をすることが多くなりました。









謎の自己申告。一度しか言ったことない〈悪いことしたらバチ当たるよ〉を覚えている、3歳児の素晴らしきシナプス。私は、今炒めているフライパンの中身に、塩胡椒をしたかどうかすら覚えてない時があるというのに。ちなみに彼は、何か悪いことをした訳ではなく、「バチがあたった」と言いたいだけの様子。