誘われ上手な人のテクニックって? #コミュニケーション術のネタ帳

写真拡大 (全2枚)

こんにちは、TETUYAです。今回から新連載がスタートすることになりました。題して、「コミュニケーション術のネタ帳」。なんか面白そうな予感がプンプン漂います。僕だけ?(苦笑)。コミュニケーション術と言っても、掘り下げれば掘り下げるほど、奥が深いものだと思います。ただ、僕の場合は、ビジネスにも、恋愛にも、友達作りにも使える、日常的かつ実用的な小ネタを中心に、ライトにお届けしていければと思います。
今日のネタ元は、「誘われ上手な人」
誘われ上手な人は損か得か?間違いなく得です。だから、これを読んでくれている皆さんには、誘われ上手な人になって欲しいと心から思います。なんと言っても、誘われ上手な人のマインドは、つき合いがいい。当たり前のことですが、中々できる人は少ないです。僕は言いたい!「人からの誘いは、よほどの約束がない限り、つき合うように頑張りましょうと。」前提として、嫌いな人からの誘いは断っていいですよ(笑)。そうじゃない人からの誘いは、極力、つき合いましょうということですから誤解しないでくださいね。考えてみてください。わざわざ、あなたを誘うということは、あなたという人間に興味があるからなのです。知りたいんです。とにかく......あなたのことを......(苦笑)。そして、誘うこと自体、ちょっと勇気のカロリーを消化します。なので、断られたら、ショックで二度と誘ってもらえないと思ってください。少しずつでいいので、明日から意識してみてください。
キーワードは「行ってみ・た・い」
次は、ちょっとしたコミュニケーションスキルを紹介します。誘われ上手な魅力的な女性に共通するセンスのひとつで、「行ってみたい」というワードがあります。
例えば、会話の中で、美味しいレストランの話になって、あなたから「今度行こう?」「今度連れてって?」というワードを繰り出すと、ちょっとした脅迫めいたプレッシャーを相手は感じちゃいますが、「行ってみたいなあ」は、よっぽど嫌いな人でない限り、「じゃあ、今度行こうか!」というアンサーを誘導することができます。
そして、もうひとつメリットが。「行こう?」「連れてって?」だと、「いいよ」「考えておくね」と、YES かNOを求める質問になってしまい、最悪の場合、残念なアンサーに直面しなければいけないというリスクが発生してしまう。それとは違って「行ってみたい」なら、OKじゃないときに直接ショックな発言を耳にすることはないので、ココロが傷つかない。実に奥深いスキル(苦笑)。

【今日のネタ】
男女問わず繋がりたい人がいたら、「行ってみたい」を会話の場面やLINEで使う。

誘われ上手な人とは、「I want to」=「経験してみたい」ということを、素直に伝えられる人のことですね。