「MOJO」は6月23日〜7月14日に上演

写真拡大

 EXILEのボーカル・TAKAHIROが舞台に初挑戦する「MOJO(モジョ)」の公開ゲネプロ(通し稽古)が6月22日、東京・品川プリンスホテルのクラブeXで行われた。

 「007 スペクター」の共同脚本を手掛けたジェズ・バターワースの処女作で、英演劇界で最も権威のあるオリヴィエ賞の最優秀新作コメディー賞を受賞した戯曲の日本初演。波岡一喜、木村了らと男6人だけのセリフ劇で、約1カ月、稽古を重ねてきたTAKAHIROは「最初はプレッシャーを感じていたけれど、皆いい人ばかりで肩ひじ張らずにフラットな立ち方ができた。チーム感を大事にしながら、できる限り引っ張っていきたい」と決意表明した。

 そんな座長の姿に、波岡は「初めてと思えないくらい、物語の理解力、順応性、協調性、リーダーシップに秀でている。僕たちはついていくだけ」と絶賛のオンパレードで、TAKAHIROは「あとでクレジットカード渡します」とご機嫌。木村が「座長として頼りがいがある。センスの塊で、僕にとっては素敵なお兄さん。僕もクレジットカードが欲しい」とおねだりすると、「あとで家、渡します」とさらなる“大盤振る舞い”を約束した。

 EXILEのメンバーもKENCHIが稽古に激励に訪れるなど注目しているそうで「高評価をいただきました。メンバーも見に来てくれると思う」と笑顔。そして、「生でリアルなものを表現することが好きなんだと再確認した。ひと言で言うとドキドキ。僕らの思いがどう伝わるか、お客さんからどういうリアクションがあるのか楽しみです」と開幕が待ち遠しい様子だった。

 そのほかの共演は尾上寛之、味方良介、横田龍儀。舞台「MOJO」は6月23日〜7月14日、同劇場で上演される。